昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

シミュレーション セガサターン

ときめきメモリアル 単なるギャルゲーじゃない!恋愛シミュレーションゲームのパイオニア

更新日:

セガサターン版ときめきメモリアル

1996年7月19日、コナミから「ときめきメモリアル」がリリースされました。

「自分から好きな女の子に告白できる」というシリーズ初のシステムが導入されて話題になりましたね。

私は恋愛シミュレーションゲームに全く興味がなかったので、当初は見送りました。

発売からだいぶ時間が経って、中古1,980円で購入しましたが、完成度の高さに驚きました。

この内容なら、多少高くても早めに購入しておけば良かったと後悔しましたね。間違いなくセガサターンの名作です!

とことんまで作りこんだ内容に驚愕!ギャルゲーの概念を打ち崩した名作。

ときメモは、とにかく全てにおいて作り込みが凄まじいです。

全編フルボイスなので、各ヒロインへの感情移入がハンパないです。

今では当たり前のフルボイスですが、当時はめずらしかったんです。

ゲームシステムに関しても、簡単過ぎず難しくもなく、絶妙なバランスを保っています。

主人公(自分)のパラメータを上げつつ、各ヒロインの爆弾(不満度)を取り除くゲーム性は、よく考えられていると思います。

シミュレーションゲームにありがちな、単純な作業ゲーになることはなく、全てのヒロインをクリアするまで飽きずに楽しむことができました。

自力でクリアすることができずに悔しい思いをしました。

最大の難関だと思っていた「館林見晴」をクリアして、オールクリアだと思っていましたが、これが違ったんですよね。

結局わからずに攻略本を見てしまいました。最後までクリアできなかったヒロインは「伊集院レイ」でした。

ライバルだと思っていた伊集院レイが、まさか女の子だとは思いもしませんでした。攻略本なしでクリアは無理ですよ!

結局、伊集院レイに電話をかけまくってクリアすることができましたが、自力でクリアができなくて残念でしたね。

ときめきメモリアル 動画紹介

ここではときめきメモリアルの動画をご紹介します。

メガドライバーとして、こんな軟派なゲームはサターンに必要ない!と当初は思っていましたが、それは大きな間違いでした。決めつけは良くないです。まぎれもなく名作です。

オープニングから力の入れ方が違いますね。さすが恋愛シミュレーションゲームの金字塔です。

個人的には「片桐彩子」が好きでしたね~。

スペシャル版が欲しかったのですが、すでに売り切れになっていました。ときメモの魅力にもっと早く気づいていればと後悔しましたね。

ときメモはシリーズ化され「4」まで出ているそうですが、私は初代サターン版しかプレイしたことがありません。

あまりにも初代への思い入れが強いので、続編をプレイする気にはなれないんですよね。

-シミュレーション, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.