昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

アンダースローとは

更新日:

アンダースローとは、野球のピッチャーの投げ方で、腕を下から上へ振り上げる手法のことをいいます。

アンダースロー(underhand throw)は和製英語で、英語ではサブマリン(submarine)と呼ばれています。

日本のプロ野球では、昔は1チームに1人はアンダースローのピッチャーがいました。

しかし、最近では左バッターに好打者が多くなったことで、アンダースローのピッチャーが激減してしまいました。

アンダースローの弱点として、左バッターにとってはリリースポイントが見やすく打たれやすいという点が挙げられます。

また、アンダースローはクイックモーションが難しく、盗塁されやすいという問題点もあります。

アンダースローの名投手

渡辺俊介 (千葉ロッテマリーンズ)

ミスターサブマリンといえば渡辺俊介ですね。リリースポイントが世界一低いことで知られています。

あまりにもリリースポイントが低すぎて、地面に手を叩きつけてしまったハプニングがあったほどです。

山田久志 (阪急ブレーブス)

山田久志はアンダースローにも関わらず、150キロ近いストレートを投げていた恐るべきピッチャーです。

本人曰く、アンダースローでも手首を立てれば、早いストレートを投げられるんだそうです。通算284勝は伊達ではありませんね。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.