昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

SG1000Ⅱ・マーク3 レース

エンデューロレーサー 完全移植を諦めたことで名作になったバイクゲーム

更新日:

エンデューロレーサー

エンデューロレーサーは、1987年5月18日にセガからリリースされました。アーケード版からの移植になります。

見た目もゲーム性も、アーケード版とは全くの別物になってしまい、純粋な移植とは言えませんでした。

アーケード版を望んでいたヘビーユーザーからは問題作と言われてもおかしくありませんが、ゲーム自体は非常におもしろいです。

バイクのスピード感や、障害物をジャンプする気持ち良さは、アーケード版を超えているといっても過言ではありません。

マーク3版エンデューロレーサーは、思い切ったアレンジが名作を生み出したレアケースなんです!

アーケード版のエンデューロレーサーは3D視点でした。マーク3版はクォータービュー視点に変更されています。

この時点で、アーケード版の移植を望んでいたファンは、がっかりしたと思います。キャラクターもかなり小さくなってしまいましたからね。

しかし、スピード感があって操作性も良いので、かなり楽しいんです。見た目だけでプレイしないのは損だと思います。

全部で10ステージあります。バイクをパワーアップすることができますが、1度クラッシュしてしまうと初期状態に戻ってしまいます。

ステージをクリアしても初期状態に戻ってしまうため、あまりパワーアップの恩恵を感じないんですよね。この辺のシステムを改良すれば、もっと良い作品になったと思います。

エンデューロレーサー 動画紹介

ここではエンデューロレーサー関連の動画をご紹介します。

マーク3版 エンデューロレーサー

動画を見ただけでは、おもしろさがあまり伝わらないと思います。実際にプレイしてみないと、このゲームの楽しさは分からないでしょう。

エキサイトバイクとは一味違った、バイクゲーの楽しさを味わうことができます。個人的には名作ですね。

アーケード版 エンデューロレーサー

セガ体感ゲームの第3弾になりますが、体感ゲームの中ではマイナーな部類に入ると思います。私はゲーセンで1度しか見たことがありませんでした。

バイクのハンドルを手前に引くとウィリーやジャンプができますが、ハンドルが結構重たくて、1回プレイしただけでお腹いっぱいになってしまいましたね(苦笑)。

腕がパンパンになってまでプレイしたくないと思いましたが、今になっては、もうちょっと遊んでも良かったのかなと思います。

未だに完全移植が実現していない体感ゲームでもあるので、移植を期待したいのですが、マイナーすぎるので難しいでしょうね。機会があれば、じっくりプレイしてみたいです。

-SG1000Ⅱ・マーク3, レース

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.