昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

SG1000Ⅱ・マーク3 シューティング

オーガス シューティングゲームなのに時間制限が厳しいタイアップ作品

更新日:

オーガス

オーガスは1983年にセガからリリースされたシューティングゲームです。

オーソドックスな横スクロールシューティングゲームで、ハード上、敵キャラが1画面に2~3機しか出てきませんが、スピード感があっておもしろかったですね。

BGMに関しては、スタートのときとクリアしたときにしかなく、通常はエンジン音のようなものが流れるだけで、かなり単調です。昔のゲームにはよくあるパターンです。

今思えば、かなり単調なシューティングゲームだと思いますが、当時は何度も繰り返してプレイしていました。幼いころの私にとっては、スピード感がお気に入りだったんでしょうね。

常に時間に追われるので、せっかくの変身システムが生かされない!

自機のオーガスは、飛行機型の「フライヤー」とロボット型の「オーガロイド」に変形することができます。

地上の敵を破壊するには、オーガロイドに変形しないと攻撃できないため、点数を稼ぐためにはオーガロイドに変形する必要があります。

しかし、オーガロイドに変形すると移動速度が遅くなるので、時間制限に間に合わなくなってしまうんです。

結局は、ゲーム中のほとんどをフライヤーで進めないとタイムアップになってしまうんですよね。もう少し制限時間にゆとりがあれば、もっと楽しめたと思います。

そして、オーガスにはエンディングがないので、永遠にループすることになります。しかも、クリアを続けてもステージはほとんど変わりません。

もう少しゲームバランスを整えることができれば、クソゲー呼ばわりされずにすんだと思います。

オーガス 動画紹介

ここではオーガスの動画をご紹介します。

どうして「超時空要塞マクロス」ではなく「超時空世紀オーガス」なのか、幼心に疑問を持っていました。知名度はマクロスの方が圧倒的に高かったですから。

当時のセガがオーガスのタイアップをしていたからなんですね。おっちゃんになった今、その疑問が解決して妙に納得することができました。

オープニングの「オーガス」の部分が耳に残っています。幼いときの記憶がおっちゃんになった今でも焼きついているんですね。名曲だと思います。

しかし、音楽を監修していた「ハネケン」こと羽田健太郎さんや、オープニングを歌っていたケーシーランキンさんは、すでに故人なんですよね。時が過ぎるのは残酷すぎます。

-SG1000Ⅱ・マーク3, シューティング

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.