昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

パズル メガドライブ

クラックス ナムコの落ち物ゲーが満を持して登場?何が遊びをクリエイトするナムコだ!

更新日:

クラックス

1990年9月7日、ナムコから「クラックス」がリリースされました。タイルを消していくパズルゲームです。テトリスやコラムスとは一線を画しています。ちょっと変わった切り口のパズルゲームですね。

もともとは洋ゲーでアタリ社が開発したゲームです。海外では人気があったそうですが、日本では知名度そのものが低いです。たいしておもしろくないのですが、いろんな機種に移植されています。不思議な現象だと思いますね。

メガドライブ版は、なぜかナムコが移植を担当しました。なぜなんだ?(苦笑)。ナムコは他にもっとやるべきことがあると思います。自社ブランドの名作をメガドライブに移植して欲しかったです。

またもやナムコのハズレゲームに涙を飲むことに。

当時、接客用の対戦ゲームを探していた私は、中古1,980円でクラックスを購入しました。ナムコだし中古で安いし、たぶん大丈夫だろうという軽いノリで購入したのですが、それが間違いでした(涙)。

まぁつまらない。対戦プレイを楽しみにしていたのに、友人からは「これはつまらん」の一言で却下されるはめに。ゲーム中はひたすらタイルの回転する効果音だけが流れ、BGMが全くないので、地味すぎて話になりません。

結局、買ってしまったという意地で、一人黙々とプレイしてやりこみましたが、全100ステージをクリアできずに諦めました。おもしろくないゲームをやり込むことは苦行以外の何者でもないですからね。さすがに耐えられませんでした。

前もって調べることをしないで、感覚で購入してしまった私にも非があると思いますが、やっぱりどうしても納得がいきません。ナムコがクソゲーを出すなんて。PCエンジンでは良作を量産していたのに

ナムコのPCエンジンへの力の入れ方はハンパなものではありませんでした。逆にメガドライブは手抜きもいいとこで、どうでもよいソフトを量産することになります。怒りが湧いてきます。この差はいったいなんなんでしょうね。

クラックス 動画紹介

ここではあまり紹介したくありませんが、クラックスの動画をご紹介します。

メガドライブ版

良くも悪くも典型的な洋ゲーですね。洋ゲーの中では遊べる方だと思います。

どうしてもひとこと言いたい。ナムコはメガドライブに自社の名作を移植してくれ! しかし、その願いはかなうことはありませんでした(悲)。

なぜナムコがクラックスというクソゲーを移植を担当することになったのか、真相を知りたいです。誰か教えてください。

アーケード版

私が通っていたゲームセンターでは見たことがないですね。この動画が初見でしたが、ゲームセンターに置いてあっても気が付かないぐらい地味な感じです。わざわざゲーセンで遊ぶゲームではないと思います。

この動画を確認すると、メガドライブ版は忠実に移植されていることが分かります。クソゲーを忠実に移植されても困るだけなんですけどね(苦笑)。

ファミコン版

ファミコン版があったとは知りませんでした。いろんなプラットフォームに移植されているんですね。タイルは小ぶりになってはいますが、ゲーム性は忠実に移植されているようです。

あまりおもしろくないクソゲーなのに、なぜこんなにも移植作品が多いのでしょうか?私の想像以上に、意外と知名度はあるのかもしれませんね。

-パズル, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.