昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

セガサターン レース

グランチェイサー シド・ミードがメカデザインを手がけた佳作級の未来型レースゲーム

更新日:

グランチェイサー
1995年5月26日、セガから「グランチェイサー」がリリースされました。

知名度が低いレースゲームで、ワゴンセールの常連タイトルでもあり、私も当時中古680円で購入しました。

あまり期待しないでプレイしたのですが、予想以上の完成度に驚きました。

グランチェイサーはクソゲーではありません。佳作級の完成度を誇ります。

有名クリエイターがレースゲームを盛り上げてくれます。

キャラデザインがカッコイイんです。シド・ミードさんがメカデザインを担当しているので当然ですね。ヒゲガンダムの人です。

シド・ミードさんのメカデザインということだけで購入したコアなファンもいたほどです。

キャラデザインだけではありません。BGMもゲームの世界観に合っていて素晴らしいんです。

葉山宏治さんが作曲しているので当然ですね。葉山さんといえば超兄貴シリーズの曲を作った人として有名です。

グラフィックとBGMが絶妙にマッチングしていて、これだけでも購入した価値があると思いましたね。

良いデキなのに、なぜワゴンセールの常連なのか?

グランチェイサーの評価が低い理由は2つあると思います。

ひとつめは「ふあふあ」した操作感覚です。癖がある操作感で個人的には好きでしたが、人を選んでしまうと思います。

もうひとつは簡単すぎる難易度です。2~3回プレイすればクリアできてしまいます。やり応えに欠けてしまうんですよね。

ゲームバランスをしっかり作りこんでいれば名作になる可能性があっただけに、非常に惜しいレースゲームだと思いました。

グランチェイサーの続編はリリースされることはありませんでした。個人的には期待していただけに、残念な結果になってしまいましたね。

グランチェイサー 動画紹介

ここではグランチェイサーの動画をご紹介します。


オープニングからカッコ良さ全開です!私はこの世界観が大好きなんですよね。

ゲーム性さえしっかりしていれば、万人に受け入れられる名作レースゲームとして、名を馳せていた可能性を十分に秘めていたと思います。惜しいですね。

セガの家庭用オリジナル作品で、こんなに地味な存在なのに可能性を感じさせるゲームは、グランチェイサー以外にないと思っています。

-セガサターン, レース

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.