昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

RPG セガサターン

グランディア セガサターン最高峰のロールプレイングゲーム

投稿日:

グランディア

1997年12月18日、ゲームアーツから「グランディア」がリリースされました。

ゲームアーツがRPGを開発しているということで、正直LUNARの続編を期待していたのですが、全くの新作ということでガッカリした記憶があります。

しかし、ヒットメーカーのゲームアーツは良い意味で期待を裏切ってくれました。グランディアはセガサターンで40万本も売れた最高傑作RPGなんです!

グランディアはグラフィック・シナリオともに完成度が高く感動しました。

グランディアはグラフィックがとにかくキレイなんです。背景のポリゴンに、キャラクターはスプライトを重ねるという特殊な技術が使われているそうです。

セガサターンはポリゴン表示が苦手なハードなのに、ここまでキレイに表現できたのは、ゲームアーツの技術力ならではだと思います。ゲームアーツはメガCD版シルフィードでも実績がありますからね。

シナリオもかなり良いですね。冒険心の強い少年が旅に出ます。冒険を続けていくうちに、ヒロインやいろんな人と出会ったり、さまざまな出来事を経験することで少年が少しずつ大人へと成長していく、というかなりベタなシナリオです。

ベタなシナリオなのに引き込まれていくのは、ゲームの展開が心地よいからでしょうね。心に響くサブイベントも用意されているので、プレイしていてホッコリします。

戦闘シーンはリアルタイムなので気が抜けません。しかし、リアルタイム形式なのに従来のRPGのようなコマンド形式でプレイすることも可能なんです。良く考えられた戦闘システムだと思います。

セガサターン最高傑作RPGのグランディアですが、1点だけ欠点があります。グランディアの唯一の欠点とは、難易度が低すぎるということですね。

ダンジョンもそれほど複雑ではありません。ボス戦の直前には、必ずといってよいほど回復ポイントが存在するので、ボス戦ならではの緊張感をあまり感じることがありませんでした。

メガドラ版ファンタシースター2をやり込んだ人間にとっては、親切すぎるぐらいの内容に物足りなさを感じたものです。

グランディアの難点はそれぐらいです。それ以外は文句のつけどころのない完成度で、まぎれもなく名作だと断言できます!

グランディア 動画紹介

ここではグランディアの動画をご紹介します。

サターン版グランディアは、サターンの性能をフル活用しているので、他機種には簡単に移植できないものだと思っていました。

しかし、プレイステーションにあっさり移植されてしまったときにはショックを受けてしまいましたね。

しかも、グラフィックはプレステ版の方がキレイでした。プレステの方がポリゴンに特化したハードなので当然といえば当然なのですが、悲しい気持ちになってしまいました。

セガファンとしては、これほどの屈辱はありませんでした。

-RPG, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.