昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

グルラボ

グルラボでカレーを作りましたが失敗しました。

投稿日:

グルラボを使うことで、カレーを少量からでも作れるそうです。というわけで、さっそく作ってみました。

カレーの具材はカット野菜にしました。

カット野菜

野菜を切るのが面倒なので、カット野菜を使いました。近所のスーパーに行ったときに見つけた「サトイモの煮物の具」をカレーの具材にしたんです。サトイモと大根とニンジンがカットされていて、しかも加熱済みということで即決しました。

ちなみに「サトイモの煮物の具」100g当たりの栄養成分表示は下記のとおりです。脂質が少ないのがうれしいですね。

エネルギー:35kcal
たんぱく質:0.9g
脂質:0.1g
炭水化物:7.9g
糖質:6.2g
食物繊維:1.7g
食塩相当量:0.03g

野菜・肉・カレールーの順に入れ、熱湯を注ぎました。

グルラボカレー調理前

一番下にカット野菜を入れました。その上に肉を敷きつめ、カレールーを乗せました。本当はもう少し肉を入れたかったのですが、しっかり熱が通るのか不安だったので少なめにしたんです。

グルラボカレー熱湯

熱湯を150ml入れ、レンジで3分間温めました。グルラボでカレーを温める場合は、スクエアディッシュにケースをのせる必要があるので注意が必要です。

カレールーの量を間違えて、あえなく失敗・・・

グルラボカレー失敗

レンジで温め後にふたを取るときは細心の注意が必要です。下手するとやけどしてしまうからです。おそるおそるふたを開けました(汗)。

肉がちゃんと加熱されているか心配だったのですが、しっかり加熱されていたので安心しました。これなら、もう少し肉を入れても大丈夫だと思います。

しかし、カレーが水っぽくてシャビシャビ状態になってしまいました。ルーの量が少なかったようです。失敗してしまいました・・・。

あわててルーを2個追加し、2分間追加で温めました。

グルラボカレー完成

再温め後、しゃびしゃびした感じはなくなりましたが、逆に濃くなりすぎました(汗)。どうやらカレールーは3つが適量だったようですね。ルーの量が適量であれば最高のデキだったと思います。要改善です。

私はダイエット中なので、お米抜きでルーだけでいただきました。お米があれば最高だったんですけどね。ダイエットが終わったら、必ずお米と一緒に食べますよ!

カット野菜のゴロゴロ感が食べていて楽しいですね。特に大根が味がしみていて美味しかったです。

今回はカレールーの量を間違えてしまいましたが、次からは間違えることはないでしょう。

具材とカレールーを入れて、レンジでチンするだけでカレーができてしまうので、本当に手軽です。量さえ間違えなければ、もっと良かったと思います。

食べた後は変色しないように早めに洗いましょう!

グルラボでカレーを食べた後は、なるべく早めに洗うことをおすすめします。なぜなら、カレーの黄色がケースに残ってしまうからです。グルラボのケースが白色なので、余計に色が目だってしまうんですよね。

面倒くさがらず、食後に素早く洗うことがポイントです。なんとか変色を防ぐことができました。

-グルラボ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.