昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

シューティング セガサターン

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド グラフィックが激悪化してしまった残念移植

更新日:

セガサターン版ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド

1998年3月26日、セガから「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」がリリースされました。

セガのガンシューティングではバーチャコップ派とハウスオブザデッド派に分かれますが、私はハウスオブザデッド派です。

一撃で倒せないゾンビを相手に連射してぶっ飛ばすのがストレス発散になるんですよね。

かなりグロテスクなグラフィックで迫力があるので、プレイ中は緊張感と爽快感が入り混じって楽しいです。

サターン版のグラフィックは劣悪感がひどすぎました。

ハウスオブザデッドはアーケードで大人気だったため、当然のようにサターンに移植されました。

肝心の内容はイマイチな感じで、残念な移植になってしまいました。

アーケードとセガサターンとの間には、大きな性能差があることは分かっていましたが、それでも期待感が大きかったこともあり、よけいにガッカリしたんですよね。

グラフィックがかなり劣化してしまって、ハウスオブザデッドの魅力であるグロテスクな感じが表現しきれていません。グラフィックの簡素化が目立ちます。

一度に出てくるゾンビの数が少なめになっています。それでも難易度が高めに設定されているので、やり応えという意味では問題ないです。

ゲームの内容はしっかり移植してあるだけに、もう少しグラフィックが改善されていれば、名移植になっていたと思います。

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 動画紹介

ここではザ・ハウス・オブ・ザ・デッド関連の動画をご紹介します。

アーケード版 ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド

アーケード版は好きでよくプレイしていましたね。当時はバイオハザードより不気味な感じを演出していると思っていました。

サターン版 ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド

グラフィックは残念な形になってしまったので、脳内再生を使って克服するしかないのですが、ゲーム性は忠実に移植してあるので十分楽しむことができます。

バーチャコップと同じで、液晶テレビではバーチャガンが使えないのが辛いところです。

ハウスオブザデッドに関しては、家庭用への完全移植が未だに存在しません。

なんとか完全移植を実現して欲しいのですが、移植にはバーチャガン対策が必要になるので、移植は困難なのでしょうか?

是非、名作ガンシューティングを家庭用に完全移植して欲しいです。

-シューティング, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.