昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

RPG メガドライブ

シャイニング&ザ・ダクネス 地味すぎて評価されなかった悲運の名作RPG

更新日:

シャイニング&ザ・ダクネス

1991年3月29日、セガから「シャイニング&ザ・ダクネス」がリリースされました。開発はクライマックスが担当しています。

ドラクエ3でチーフプログラマーを勤めた内藤寛さんの作品なので、大きな注目を浴びていました。キャラクターデザインは玉木美孝さんが担当していたので、なおさら注目されますね。

発売前にはファミ通でも大きく取り上げられていたので、メガドライバーだけではなくドラクエファンからも期待されていたことが分かります。

Beepメガドライブの読者レースでは初登場の時こそ上位にいましたが、日が経つにつれてジワジワと順位を下げていきました。期待が大き過ぎるのも問題ですね。

3Dダンジョンはヌルヌル動き、敵がアニメーションする。でも地味すぎて評価が低い。

個人的にシャイニング&ザ・ダクネスは名作3DRPGだと思います。3回はクリアしましたね。方眼用紙を買ってきてマッピングするのが楽しくてしょうがなかったです(笑)。

飛びぬけて凄い要素は無かったと思いますが、グラフィックやBGM、ゲームバランスなど、水準以上のレベルには達していると思います。

ただ、シナリオが予想以上に短いことがネックになっていて、その点が評価を下げている原因かと思います。

また、全体的に地味な印象を受けるのもマイナス要素だと思います。私はダクネスの正式な続編を望んでいましたが、結局リリースされることはありませんでした。

その代わりにシャイニングシリーズの続編である「シャイニング・フォース」はリリースされた瞬間に大ヒットを記録しました!

シャイニング・フォースの戦闘シーンはド派手ですからね。ダクネスの地味な反省点を活かして全体的に派手にしたんでしょうね。

私はダクネスを中古380円で購入したので思いっきり楽しめましたが、もし定価で購入したと仮定したなら、本心から楽しくプレイできたかというと自信がありません(汗)。もう少しボリュームがあったら納得できたと思います。

シャイニング&ザ・ダクネス 動画紹介

ここではシャイニング&ザ・ダクネスの動画をご紹介します。

シャイニング&ザ・ダクネス プレイ動画


当時は熱中してかなりやりこみました。しかし、今見ても結構地味ですね。

3Dダンジョンはセガマーク3版ファンタシースターより綺麗になって滑らかに動いていますが、こんなにも地味でしたっけ?(汗)。

敵のアニメーションは、もっと動いていたような気がしたのですが。思い出補正が当てにならないことを実感しました。

バーチャルコンソールでもリリースされているので、未プレイの方はぜひ遊んでほしいですね。

初代ファンタシースター プレイ動画

3Dダンジョンと言えばファンタシースター、ということで動画を確認してみました。敵のアニメーションに関しては、ダクネスよりこちらの方が動いていますね。

メガドライブより数段性能が劣るセガマーク3で、ここまでのRPGを作り上げるのですから、当時のセガは本当にすごかったです!ドラクエ2とほぼ同時期でこのクオリティーですからね。今のセガにも見習って欲しいところです。

-RPG, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.