昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

RPG セガサターン

シャイニング・ウィズダム 連打システムが斬新すぎたシリーズ外伝的作品

更新日:

シャイニングウィズダム
1995年8月11日、セガから「シャイニング・ウィズダム」がリリースされました。

シャイニングシリーズということもあってゲーム雑誌でチェックしていましたが、今までのシリーズとあまりにもシステムが違うので、発売当初は購入を見送ったんです。

発売から2年以上経ったときにワゴンセールでたまたま見つけたので980円で購入しましたが、難易度が高すぎたのでクリアできずに途中で投げてしまいました。

今まで購入したシャイニングシリーズはすべてクリアしてきましたが、シャイニングウィズダムに関しては挫折してしまい、悔しい思いをしました。

連射が必須なので疲れました…

シャイニングウィズダムは連射しないと話にならないゲームなので、指が痛くなってしまうんですよね(汗)。

連射で移動スピードを調整するだけでなく、攻撃や魔法も連打によって行うので、連射パッドが必需品なんです。

でも、私は連射パッドを持っていなかったので、途中で諦めるしかありませんでした。もし連射パッドを使うことができたら、もしかしたら名作に早変わりしていたかもしれません。

連射が苦痛だった以外にも、アクションRPGなのにレベルが存在しなかったり、謎解きが複雑だったりとついていけない部分が多く、私のレベルでは手に負えませんでした。

シャイニング・ウィズダム 動画紹介

ここではシャイニング・ウィズダムの動画をご紹介します。

ようやくサターンにシャイニングシリーズが登場すると期待していましたが、期待ハズレのデキになってしまいました。

ゲーム雑誌では、キャラクターのCGレンタリングについて詳細に解説してあって興味はありましたが、肝心のゲーム性がひどかったですね。

次世代機ではポリゴンを筆頭に新しい表現ができるようになったので、いろんな表現技法を取り入れるのは良いことだと思いますが、肝心のゲーム性がおろそかになるケースが多かったんです。

そういった意味でも、ウィズダムはシャイニングシリーズの中で一番評価の低いタイトルだと思います。

中古激安価格で購入したとはいえ、クリアできなかったのは悔しかったですけどね。

-RPG, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.