昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

RPG セガサターン

シャイニング・ザ・ホーリィアーク お化け屋敷的な3DダンジョンRPG

更新日:

シャイニング・ザ・ホーリィアーク

1996年12月20日、セガから「シャイニング・ザ・ホーリィアーク」がリリースされました。開発はソニックが担当しています。

メガドラ版シャイニング&ザ・ダクネスの続編的作品です。

私はダクネスの続編を期待していたので、ホーリィアークの情報を知った時には、思わずガッツポーズして喜びました。

しかし、一般受けはしなかったようですね。見た目が地味すぎるので、評価が悪くなってしまうのはしょうがないことかもしれません。

ダクネスの続編を望んでいた人と、ダクネスをプレイしたことのない人で、評価が割れてしまう作品になってしまいました。

お化け屋敷のような世界観がお気に入りなんです

3Dダンジョンの不気味なグラフィックや、個性的なBGMや効果音が、お化け屋敷のような雰囲気をかもしだしています。

この世界観が好きなんですよね。お化け屋敷に入ると怖くても引き返せない、あの感覚をゲームの中で味わうことができるんです。

かなりクセが強いので、万人受けするものではありませんが、ダクネスが好きな人には受け入れられると思います。

難易度はそこそこ難しいのですが、私は5回クリアしましたね。それぐらい大好きなんです。

シャイニング・ザ・ホーリィアーク 動画紹介

ここではシャイニング・ザ・ホーリィアークの動画をご紹介します。


敵のエンカウント率は比較的高めですが、キャラクターが良く動くので、見ているだけで楽しいですね。

戦闘シーンで、多少処理落ちしてしまう点はご愛嬌です(汗)。

BGMはテイルズオブファンタジアの作曲で有名な桜庭統さんが担当しているので、印象深いものが多いです。

個人的にはセガサターンの名作RPGだと思うのですが、一般的には駄作だと認識されているみたいで、すぐにワゴンセールの仲間入りになってしまいました。

評価が良くなかったことで、ホーリィアークの世界観を引き継ぐ正式な続編は、リリースされることはありませんでした。悲しいですね。

食わず嫌いは良くないです。一度で良いのでプレイして欲しいですね。プレイさえすれば、このゲームの良さがわかると思いますが、プレイするまでの敷居が異常に高いんです(汗)。

-RPG, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.