昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

シューティング メガドライブ

シルフィード メガCD最強のシューティングゲーム

更新日:

メガCD版シルフィード

1993年7月30日、ゲームアーツから「シルフィード」がリリースされました。メガCDの代表的なシューティングゲームと言えば、間違いなくシルフィードです!

まさかメガCDで、これほどのポリゴンゲームをプレイできるなんて、当時は信じられませんでした。私の中でメガCD版シルフィードは伝説的なシューティングゲームなので、忘れることのできない作品になりました。

後世に語り継がれるメガドライブの名作です!

とにかく派手なグラフィック。ポリゴンの醍醐味を味わうことができました。

ポリゴンが珍しかった時代に、ここまで作りこんだ作品を家庭用ゲーム機で体験できることに感動しましたね。

ムービーの凝った作りも素晴らしいのですが、各ステージの背景の作り込みがハンパじゃないぐらいにすごいんです!

特にステージ4の機動要塞を見たときには感動しました。要塞の中にあるブロックが上下するところなんてシビれましたね。

最初の頃は背景に見とれてミスすることが多かったですが(苦笑)。

わざわざ自分のプレイをビデオに録画して背景を堪能していましたが、こんなことをしたのは後にも先にもシルフィードだけです。今となっては良い思い出ですね。

シルフィードのグラフィックは素晴らしい。でもシューティングとしてのゲーム性は…

シルフィードはとにかくグラフィックがすごすぎるシューティングゲームです。

ステージ10の地球では、フラクタル技術を駆使してリアルに地上を表現しているのですが、その代償としてメガCDが壊れるかと思うぐらいディスクアクセスが頻繁に発生します(汗)。

グラフィックには定評がありますが、肝心のゲーム部分はというと、古臭いと言わざるを得ません。

昔からある普通の縦スクロールシューティングですね。スターフォースやスターソルジャーとあまり変わりません。

しかし、システム的には古くても、ゲームバランスは絶妙なので、何度プレイしても飽きませんでした。

BGMに関しても素晴らしかったのですが、CD音源で鳴らしている訳ではなくメガドラ本体のFM音源で鳴らしていたので、その点がちょっと不満でしたね。でも及第点ですよ!

グラフィック以外の部分でも素晴らしい完成度を誇るので、名作だと断言します!

シルフィード 動画紹介

ここではシルフィードの動画をご紹介します。

メガCD版 シルフィード

まさかメガドラで、このレベルのシューティングを遊べるなんて夢にも思っていませんでした。最高ですね。ここまでくると、ゲームというより芸術と言ったほうが良いのかも知れません。

PC88版 シルフィード

初代シルフィードです。歴史はここから始まりました。メガCD版のゲームシステムはPC88版とほぼ変わらないので、古臭さを感じてしまうんですよね。

プレステ2版 シルフィード ザ ロストプラネット

なぜかカプコンからのリリースです。確かにシルフィードの続編なのですが、プレイしてみるとなんだか違うんです。違和感を感じるデキに成り下がってしまっています。

グラフィックはメガCD版とは比較にならないほど美しいのですが、敵キャラのデザインが変で世界観が崩壊してしまっています。

セガがファンタシースター3でやってしまった過ちと同じことをやってしまったんですね。私は中古980円で購入しましたが、980円でも高いと思いました。

XBox360版 PROJECT SYLPHEED

なぜかスクウェアエニックスからのリリースです。もう、シルフィードの歴史を茶化すようなソフトをリリースするのは止めて欲しいですね。シルフィードの名前を使って欲しくなかったですよ。

ゲームアーツがどうして迷走してしまったのか、気になったのでこの機会に調べてみたんです。

宮路洋一さんと宮路武さんは既にゲームアーツから退いているようですね。しかも宮路武さんは2011年7月29日に亡くなっているそうです。かなりのショックを受けました。未だに信じられません。

-シューティング, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.