昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

セガアーケード レース

スカッドレース ドリームキャストに移植して欲しかった隠れた名作レースゲーム

投稿日:

スカッドレース

スカッドレース(ScudRace)はBPRグローバルGTシリーズをモチーフにしたアーケードレースゲームです。1996年にリリースされました。

Model3の基板としてはデイトナUSA2の方が有名だと思います。スカッドレースは陰に隠れた存在になってしまいました。

しかし、私は好きでかなりやり込みましたね。特に夜の初級ステージがお気に入りでした。

スカッドレースはセガワールド以外のゲーセンで見たことがありませんでした。

1996年当時、熊本駅に隣接していたセガワールドでプレイしていました。

私がよく通っていたゲーセンの「プラザ」や「フェスタ」には導入されていなかったので、わざわざ熊本駅まで行く必要があったんです(汗)。

個人的にお気に入りだったのが、初級コースの夜バージョンです。

コースの脇にJALの旅客機が駐められていて、そのグラフィックに迫力があるので、新鮮に映ったんですよね。

BGMもカッコ良いです。「Flight in the Dark」は名曲だと思います。この曲を聴きたいがために、サウンドトラックも購入してしまいました。今思い出すと良い思い出ですね。

ドリームキャストにスカッドレースは移植されませんでした。

スカッドレースは、当時の最新基板である「Model3」を使っていたので、セガサターンへの移植は難しいと思っていました。

ドリームキャストがリリースされるにあたって、スカッドレースも移植されるだろうと楽しみに待っていたのですが、まさか永遠に待つことになろうとは(涙)。

ドリキャスへの移植は夢に終わってしまいました。

その後、プレイステーション2にアウトラン2が移植され、隠しステージの中にスカッドレースのコースも含まれると聞いて、即購入しました。ひたすらアウトラン2をやり込んだんです。

すべてはスカッドレースのコースを楽しむためです。

しかし、隠しコースにはスカッドレースのコースは存在しませんでした。

よくよく調べてみると、スカッドレースのコースはXBOX版アウトラン2の隠しコースにのみ存在するということでした。

プレステ2版アウトラン2をやり込んだ自分が愚かでした。心折れましたね(涙)。

ゲーメスト世紀の迷誤植。インド人を右に!

スカッドレースを語る上で避けられないネタが「インド人を右に! 」です。

アーケードゲーム専門雑誌「ゲーメスト」にとんでもない誤植があったんです。

「くお~!! ぶつかる~!! ここでアクセル全開、ハンドルを右に!」を「くお~!! ぶつかる~!! ここでアクセル全開、インド人を右に!」と誤植したんです。

ゲーメストは誤植の多い雑誌でしたが、これはひどいですね(苦笑)。ゲーメスト三大誤植のうちのひとつとして、今も語り続けられています。

スカッドレース 動画紹介

ここではスカッドレースの動画をご紹介します。

スカッドレースは、海外では「SEGA SUPER GT」というタイトル名でリリースされています。スカッドはミサイルを連想させる単語なので、名称が変更されたそうですね。

車体の挙動を制御するのがかなり難しく、私はいつも「ポルシェ911」を使っていました。ポルシェ以外の車は難しすぎて完走することもままならない状態でしたね(汗)。

家庭用ゲーム機への移植が存在しないのは、知名度の低さからなのでしょうか?

-セガアーケード, レース

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.