昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション メガドライブ

ストリートファイター2ダッシュプラス ついにメガドラにスト2がリリース!

更新日:

ストリートファイター2ダッシュプラス

1993年9月28日、カプコンから「ストリートファイター2ダッシュプラス」がリリースされました。

過去にメガドライブでカプコン製のソフトはいくつか発売されていましたが、カプコン自身が開発を手がけたのは今回が初めてでした。

他機種版に比べるとメガドライブ版は一番最後に移植されたので、ヤキモキしたメガドライバーも多かったと思います。

その分、移植度は非常に高く、大満足の内容になっています。

グラフィックはよく出来ています。

最初にメガドラ専門誌で見たときは出来の悪さに嫌な予感しかありませんでした。

画面の上下に黒い帯が入っていて、見た目があまりにもチープに見えてしまうんですよね。スーファミ版もPCエンジン版も黒帯なんてありません。メガドラだけです。

さすがにこれでは駄目だということで、当初の予定だった16メガから24メガに容量を増やすことで黒帯を無くすことに成功しました!

この判断は素晴らしいと思います。メガドライブ版だけ画面上に黒帯があっては恥ずかしすぎますよ。

声はガラガラで、サウンドはまさかのケツドラム…

グラフィックは及第点でしたが、音声関係がちょっと厳しい出来になってしまいました。各キャラの声がノイズが入りまくっていて、風邪を引いているかのようにガラガラ声なんですよね。

そしてBGMはまさかのケツドラム。ファンタシースター2ほどではありませんが、久しぶりのケツドラムを聞いて懐かしく思いましたね(苦笑)。

他機種版と比べてしまうと、どうしても音源で見劣りしてしまいますが、これはしょうがないと思います。FM音源を使って鳴らしているので、ステージによってはアーケード版に近い出来になっています。

ゲームモードが素晴らしい!

音関連は厳しい出来になってしまいましたが、その代わりにゲームモードは素晴らしい出来になっています。

「エキサイトモード」はアーケード版の「ターボ」を移植したものになっています。ただ単に「ダッシュ」を移植した訳ではないんです。

そして「グループバトルモード」も追加されていて、これが意外に楽しいんですよね。友達と対戦しては白熱していました。

総合的に見ると、期待以上の出来で満足できる作品だと個人的には思います。

ストリートファイター2ダッシュプラス 動画紹介

ここではストリートファイター2ダッシュプラス関連の動画をご紹介します。

メガドライブ版 ストリートファイター2ダッシュプラス

アーケード版のダッシュとターボを移植しているのですが、タイトルには「ターボ」が使えませんでした。またもや任天堂の魔の手によって「ターボ」という名称が使えなかったんです。テトリスの時といい、任天堂は余計なことをしてくれます。

PCエンジン版 ストリートファイター2ダッシュ

8Bit機だとは思えない完成度です。

20メガの大容量を使っているせいで、Huカードは分厚くなっているんですよね。それならCD-ROMで出せば良かったのにと思うのは私だけでしょうか?

キャラクターの声がしっかり聞こえるのがうらやましいです。HuカードのPCエンジンにできて、どうしてメガドライブではできないのでしょうか?

-アクション, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.