昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

メガドライブ レース

スーパーハングオン メガドラ版の評判は良くありませんが個人的には好きなバイクゲームです

更新日:

スーパーハングオン

1989年10月6日、メガドラ初のバイクゲーム「スーパーハングオン」が発売されました。

アーケード版からの移植で知名度十分の作品なのですが、当時の評価はイマイチだったんです。

Beepメガドライブの読者レースの評価がかなり悪かったので、買い控えたユーザも多かったのではないでしょうか?

個人的には好きなゲームだったので、評価は気にせずに購入してやり込みました。アーケード版をよく再現していると思います。

家庭用ならではのオリジナルモードもありますし、もう少し評価しても良い作品だと思います。

アーケードモードは原作を忠実に再現。

タイトル画面がアーケード版と同じなので、最初見たときは感動しましたね。

コース選択で4つの大陸を選択できるところはアーケード版と同じです。「アフリカ大陸」「アジア大陸」「アメリカ大陸」「ヨーロッパ大陸」の中から選択します。

そしてBGMを4曲の中から選択できるところも同じです。「OUTRIDE A CRISIS」「SPRINTER」「WINNING RUN」「HARD ROAD」の中から選択するのですが、10秒間の時間制限があるところがアーケード版ならではですね。

グラフィックも良く、アーケード版を体験することができます。操作感覚がちょっと独特ですが、慣れれば気にならないレベルです。

レース中にはスーパーチャージャーで最高時速324kmを出すことも当然できます。スーパーチャージャー時のスピード感が最高なんです!

個人的にスーパーハングオンはおもしろいと思います。その理由は?

メガドラ版スーパーハングオンの評価は一般的に悪いのに、なぜ個人的に評価しているのかというと、セガマーク3版をプレイした経験があるからなんです。

ハードのスペックから見て、無茶移植なのでしょうがないといえばしょうがないのですが、セガマーク3版スーパーハングオンの出来は正直良くありません。

セガマーク3版はBGMの選択がありません。それどころかレース中のBGMもありません。敵のバイクを追い抜く音とグリップ音だけなんです。

敵のバイクや障害物に接触すると、その時点で自機が爆破します。昔のゲーム(8bit機)のレースゲームにはよくあったシステムですが、これではハングオンではありません。

セガマーク3版をプレイした経験があることで、メガドラ版が楽しく感じたんだと思います。単なる思い出補正なのかもしれませんけどね。

オリジナルモードはボリューム満点!よく4メガでここまで作り込んだと感動。

メガドラ版は、アーケードを移植しただけの作品ではありません。オリジナルモードが存在します。

レースに出場して賞金を稼ぎ、バイクをチューンナップして上位を目指すというRPGのような内容になっています。

初期状態はバイクのスピードが遅くコーナリングでは思うように曲がりません。逆にそれがやる気に繋がりますね。チューンナップしまくってやろうとムキになっちゃいました(笑)。

所持金が増える裏技が存在しますが、私は裏技なしでやりこみクリアしました。

クリア後に裏技を使ってみましたが、ゲームバランスを大きく損なってしまうので、最初からは使わないほうがよいでしょうね。

ちなみに裏技のやり方ですが、パスワード入力画面で「51B04000A0500070J0CG976ACMGI」と入力すると金額の部分がバグ表示されて増えている状態になります。

スーパーハングオン 動画紹介

ここでは各プラットフォームのスーパーハングオン動画をご紹介します。意外にセガマーク3版のできが良いですね。

メガドラ版 スーパーハングオン

アーケード版と比較すると、グラフィック部分で多少は劣化している部分もありますが、個人的には好きな作品です。何度も楽しくプレイしました。

しかし、アーケード版の動画と比較するとスピードが極端に遅いですね(汗)。私のようにアーケード版をあまりプレイしていない人にとっては気になりませんが、アーケード版をプレイした経験のある人にとってはストレスが溜まりまくるでしょうね。

メガドラは高速表示が得意なはずなのですが、スクロールがここまでカクカクで遅いと辛いですね。メガドラ版の評価が低い原因がようやく理解できました。

自社ハードのソフトなので、もう少しなんとかして欲しかったですね。

アーケード版 スーパーハングオン

セガの体感ゲーム第1弾がハングオンなんですよね。やっぱり鈴木裕さんは偉大なクリエイターです。

幼い頃プレイしたかったのですが足が届かずに断念した経験があります。無念の一言でした。どうしてもライドオンタイプ筐体で遊んでみたかったんです。

小学生になって身長も伸び、絶対プレイするんだと思っていたら、ゲーセンから消えていました。一度でいいのでハングオンにまたがってプレイしたかったですね。

シットダウンタイプは置いてありましたが、プレイする気になれなかったです。

ちなみに、ライドオンタイプとシットダウンタイプではコースのレイアウトが違うそうです。どのように違うのか知りたいところです。

セガマーク3版 スーパーハングオン

当時は無茶移植が当たり前で、ハングオンも例外ではありませんでした。これはこれで楽しく遊んだものです。マーク3版をプレイした経験があるから、メガドラ版が楽しく感じるんでしょうね。

動画を見る限り、スピード感に関してはメガドラ版よりセガマーク3版のほうが断然良いです(汗)。

ニンテンドー3DS版 スーパーハングオン

携帯ゲーム機で完全移植のスーパーハングオンを堪能することができます。時代も進んだものですね。しかもダウンロード専用ソフトだそうです。ついていけません(汗)。

しかも定価で617円(税込・2018年03月現在)なんです。信じられない低価格ですね。

グラフィックは3DSなので3Dに見えるのでしょうか?動画で見るかぎり3Dに見えないので、ちょっと気になってしまいました。

-メガドライブ, レース

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.