昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

SG1000Ⅱ・マーク3 シューティング

ズーム909 セガの元祖3Dシューティングゲーム

更新日:

ズーム909

セガ黎明期の3Dシューティングゲームといえば、間違いなくスペースハリアーを想像すると思います。

しかし、セガの第1弾3Dシューティングゲームは「ズーム909」なんです。

アーケード版ズーム909は1982年にリリースされています。

1982年のアーケードゲームといえば、ディグダグやバーガータイム、プーヤンやペンゴなど、2Dゲームがほとんどです。

2Dゲーム全盛期の中で、擬似とはいえ3Dシューティングゲームをリリースするのですから、セガの技術力には脱帽です。

1985年にSG-1000へ移植されました。SG-1000版のオリジナル2Dステージさえなければ、文句なしで名作と言えると思います。

アソビン教授の言うとおり、ズーム909の2Dステージは恐ろしいほど難易度が高かった…

SG-1000版の3Dステージは、見事に再現されています。

アーケード版に比べると当然見劣りしてしまいますが、私はアーケード版を見たことがなかったので、はじめて見た時は幼心に感動しました。

ただ、2Dステージが最悪なんです。

十字キーで自機を旋廻させ、1ボタンで加速し、2ボタンでショットを発射するという独特なシステムになっています。このシステムが最悪なんです。

思い通りに自機を操縦できず、すぐにミスしてしまいます(汗)。

「Pow」を取ると一定時間無敵になるので、Powを取り続けるのがクリアするコツなのですが、まともに操作できないので確実に取れるはずも無く、すぐにゲームオーバーになってしまいます。

説明書に載っているアソビン教授が「2Dステージは難しいよ」とコメントしていましたが、まさにそのとおりの内容でした。最悪です。

余計なオリジナルステージさえなければ、ストレスなく名作を楽しめることができたのに、残念な結果になってしまいました。

ズーム909 動画紹介

ここではズーム909関連の動画をご紹介します。

アーケード版 ズーム909

私はこの動画ではじめてアーケード版を見ましたが、完成度がかなり高いですね!

さすが、10年先を行くセガの技術力です。

1982年にこのクオリティーですから、当時プレイした人は間違いなく驚愕したと思います。

一度でも良いのでアーケード版をプレイしたいのですが、難しいと思います。なんとか家庭用ゲーム機への移植を実現して欲しいですね。

SG-1000版 ズーム909

アーケード版に比べると、大幅に性能の劣るSG-1000ですが、3D描画を見事に再現しています。2Dステージさえなければ名作なんですよね。

2Dステージは、意味も分からず適当に十字キーをガチャガチャ押して、運が良ければクリアできる、という感じでした。

-SG1000Ⅱ・マーク3, シューティング

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.