昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション セガサターン

セガサターン版バーチャファイター セガファンの夢と希望が満ちあふれた偉大なる格闘アクションゲーム

更新日:

セガサターン版バーチャファイター
1994年11月22日、セガから「バーチャファイター」がサターンのローンチタイトルとしてリリースされました。

当時は次世代機のことでゲーム業界が大いに盛り上がっていました。

特にセガファンにとっては、夢と希望しかない状態になっていましたね。

もしかしたら、セガが家庭用ゲーム機のシェアでナンバーワンになるかもしれないと本気で思っていたからです。

ライバルのプレステから「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などの超有名タイトルの続編のリリースが正式発表されるまでのわずかな間、セガサターンが次世代機のシェアNo1になったのはまぎれもない事実です。

バーチャファイターはセガサターンのキラータイトルとして、その役割を十分に担った歴史的なソフトなんです。

実は不安だったセガサターン版バーチャファイターの完成度。

ゲーム雑誌でバーチャファイターを見たときには、期待より不安の方が大きかったことが正直なところでした。

キャラクターの大きさがアーケード版に比べるとかなり小さかったからです。

それだけではありません。背景のグラフィックはアーケード版と比較しても遜色ありませんでしたが、肝心のキャラクターが、かなり簡素化されたグラフィックになっていました。

当時はネットがなかったので、雑誌だけでしか情報を得る術がありませんでしたから、不安の方が大きかったですね。

実際にプレイしてみると、その不安はみごとに吹っ飛びました。

操作感覚はアーケード版を忠実に移植しているので、キャラクターの小ささやグラフィックの簡素化が気になったのは最初だけだったんです。

グラフィックの性能は、アーケード基板のModel1の足元にも及ばないセガサターンですが、ゲーム性の移植に関してはほぼ完璧だったと思います。

バーチャファイター 動画紹介

ここではバーチャファイターの動画をご紹介します。

アーケード版 バーチャファイター


3D格闘対戦ゲームとして歴史に名を刻んだソフトです。

しかし、ゲームセンターにリリースされた直後は、あまりプレイする人を見かけませんでした。

あまりにも時代を先取りし過ぎたのでしょうか?それとも地域的な格差があるのでしょうか?熊本のゲーセンではあまり人気がなかったように思います。

私がゲーセンでプレイしていたときに、乱入されたことがほとんどありませんでしたから。

当時はバーチャよりもスト2やサムライスピリッツのような2D格闘対戦ゲームの方が人気がありましたね。

それでも私は、ひとりで黙々とバーチャを楽しんでいました。

セガサターン版 バーチャファイター


ローンチタイトルから無茶移植の部類に入ると思います。

それだけ、当時のアーケード基板と家庭用ゲーム機の性能差が大きかったことを物語っていますね。

ゲーム雑誌に開発途中の画像が掲載されていましたが、日が経つにつれて完成度が上がっていく姿に、毎度感動していたものです。

操作感覚はほぼ完全に移植されたと思いますが、アキラの鉄山靠がクリティカルヒットすると、体力の半分以上減ってしまう現象は修正して欲しかったですね。

主人公とはいえ、優遇されすぎていてゲームバランスが大味になってしまいました。

ここまで優遇されると引いてしまいます(汗)。

セガサターン版バーチャファイターは良くできていると思いますが、セガサターン名作一覧にはあえて含めませんでした。バーチャファイター2の存在があるからです。

-アクション, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.