昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

セガサターン レース

セガツーリングカーチャンピオンシップ とにかく難しすぎるレースゲーム

更新日:

セガツーリングカーチャンピオンシップ

1997年11月27日、セガから「セガツーリングカーチャンピオンシップ」がリリースされました。

大ヒットしたセガラリーチャンピオンシップの続編にあたる作品になります。

水口哲也さんと佐々木建仁さんの強力コンビで開発されたことでも話題になりました。

しかし、ゲームの完成度に関しては、セガラリーの足元にも及ばないものになってしまったんです。

操作性にクセがありすぎて、楽しく遊ぶことができません。

私がセガツーリングカーチャンピオンシップを初めてプレイしたのは、熊本の浜線バイパス沿いにあったセガワールドだったと思います。

選べる車は前作よりも増えていて「スープラGT」「アルファロメオ」「オペル」「メルセデス」の4種類です。

実際にプレイしてみると、操作性が悪すぎて思い通りに車体を動かすことができず、ストレスが溜まりまくります。

特にコーナリングでは、普通に曲がることができません。アンダーが強すぎて、すぐにコースアウトしてしまいます。

結局、アーケード版は3回プレイして諦めました。セガラリーのように気軽に楽しめるレースゲームではありませんでした。

セガサターン版セガツーリングカーチャンピオンシップでは、アーケード版の難易度の高さが、そのまま移植されてしまいました。

しかも、サターン版はグラフィックがひどい上に、処理落ちが頻繁に起こるために、アーケード版よりも難しく感じます。

生半可な難易度ではないため、やり込む気力も湧きません。マニア向けのレースゲームだと思います。

セガツーリングカーチャンピオンシップ 動画紹介

ここではセガツーリングカーチャンピオンシップの動画をご紹介します。

BGMはavexが提供しているそうです。音楽業界とコラボするのは、当時めずらしいことだったと思います。

しかし、ユートビート調のBGMにものすごく違和感を感じました。前作のセガラリーのイメージが強かったからだと思います。

車体の操作性が難しすぎるのは、実際の車の挙動を再現したかったからだと思いますが、リアルを目指しすぎるとクソゲーになってしまう典型的な例だと思います。

あくまでもゲームなので、それなりにデフォルメすることが大切なんだなと実感させられました。

-セガサターン, レース

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.