昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

SG1000Ⅱ・マーク3 シューティング

セガマーク3版アフターバーナー あうあーあーあーと呼ばないで

更新日:

セガマーク3版アフターバーナー

アフターバーナーは、1987年12月12日にセガからリリースされました。アーケード版からの移植になります。

体感ゲームの名作アフターバーナーを自宅でプレイできるということで、セガファンはみんな期待していました。

4メガという大容量を採用していることもあり、ゲーム業界でも注目されていたんですよね。

しかし、無茶移植に変わりはありませんでした。結局は最悪の評価を得ることになってしまったんです。

そもそもセガマーク3版はⅠの移植でありⅡの移植ではないんです。

タイトル画面を見ると「Ⅱ」の文字がありません。ということは「Ⅰ」の移植ということになります。

それは、アフターバーナーを使うことが不可能ということを意味しているんですよね。

スロットルレバーを使ったスピードの調節ができません。「Ⅰ」の移植なのでしょうがないのですが、かなりガッカリした記憶があります。

ガッカリしたのはこれだけではありません。こともあろうか、給油時は手動に変更されているんです。これがまた難しいんです(汗)。

給油時に、まさかこんなに苦労するとは夢にも思いませんでした。

さらに、原作には登場しなかったボスが存在するんです。ステージ6と12と18で登場しますが、正直蛇足ですね。

マーク3版のオリジナル要素が、すべて裏目に出てしまっているんです。この内容なら無かったほうが良かったと思います。

また、十字キーの横を押しっぱなしにして自機をナナメにした状態にすると、ステージ11までは敵の攻撃に当たらない無敵状態になるんです。

これはバグなのか裏技なのか良く分かりませんが、余計な仕様だと思います。

BGMはFM音源に対応していますが、ゲーム性がひどかったので、どうでもよくなってしまいました。

セガマーク3版アフターバーナー 動画紹介

ここではセガマーク3版アフターバーナーの動画をご紹介します。

幼馴染の友人が購入して、悲しそうな顔をしながらプレイしているのを見ていると、何ともいえない気持ちになってしまったんですよね。

あまりにもひどいデキに「あうあーあーあー」と揶揄されるセガマーク3版ですが、友人の前では文句を言わずに付き合ってプレイしていました。

そういうこともあって、ある程度はやり込みましたが、難しくてクリアはできませんでしたね。

-SG1000Ⅱ・マーク3, シューティング

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.