昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

SG1000Ⅱ・マーク3 アクション

セガマーク3版北斗の拳 ファミコン版の100倍は面白い硬派な名作アクションゲーム

更新日:

セガマーク3版北斗の拳

北斗の拳は1986年7月20日にセガからリリースされたアクションゲームです。

当時の北斗の拳の人気はすごいものがありました。男子であれば、一度は北斗の拳ごっこをやったことがあると思います。それだけ人気のある漫画だったので、当然ゲーム化されました。

ファミコン版は典型的なキャラゲーで、全くおもしろいものではありませんでした。原作のネームバリューに頼りすぎて内容が伴わないクソゲーだったんです。

私はおもしろくないファミコン版をプレイしたあとで、セガマーク3版をプレイすることになりました。

正直期待はしていませんでしたが、プレイして感動しました。良い意味で期待を裏切ってくれた名作だったんです。

グラフィックが美しく、原作の雰囲気を大切にした作りに大満足でした。

ステージ1からグラフィックの良さに感動しました。ケンシロウや敵キャラの動きが細かく、さりげない背景の多重スクロールなど、見ているだけでも楽しいんです。

オーソドックスなベルトスクロールアクションゲームですが、雑魚を蹴散らす爽快感と、ステージ途中の中ボスとの戦いがとても熱いんです。

さらに、ステージ最後のボス戦は、キャラクターが大きくなるので迫力満点です!

ステージ1のボス「シン」に勝利すると、北斗百裂拳を見ることができます。ケンシロウのパンチのスピードが速すぎて驚いた記憶が今でも残っています。

セガマーク3版北斗の拳の最大のポイントはステージ4です。とにかく難しいんです。

邪魔してくる鳥がほんとうに厄介なんですよね。雑魚キャラ自体も強く、先に進むのが困難です。

このゲームの裏技で、ボスをノーダメージで倒すと次のステージを飛ばすことができるので、その裏技を使ってステージ4を飛ばしていました。

ステージ3のボス「デビル」をノーダメージで倒して、ステージ4の道中を飛ばすことをよくやっていたんです。

デビル戦で一撃でもダメージを食らったら、わざとやられて、ノーダメージを目指してデビルと戦い抜きました。

デビルに踏まれると、ヒットポイントのゲージが満タンでも即ミスになるので、その仕様を利用していました。

ボス戦で一番好きだったのはステージ5の「サウザー」です。

お互いに大ジャンプしてタイミング良くキックを当てて、サウザーを宙に浮かし、ひたすら攻撃を繰り出します。

サウザーは、なかなか体力が減らないので、持久戦になります。それがまた楽しいんです。

慣れると20分もしないでクリアできますが、何度も繰り返しプレイしていましたね。

北斗の拳 動画紹介

ここでは北斗の拳関連の動画をご紹介します。

マーク3版 北斗の拳

エンディングで十字キーの「↑」を20回押すと、すべてがボス戦の隠しステージをプレイすることができます。

私は、この裏技を知らなかったんです。知っていたら、思う存分ボス戦を楽しむことができたのに、残念ですね。

ファミコン版 北斗の拳

見た目も内容もチープすぎて話になりません。

この内容で150万本のミリオンセラーになったのは、原作のネームバリュー以外のなにものでもありません。

150万人もの人が被害者なんですよね。悲しいです。

-SG1000Ⅱ・マーク3, アクション

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.