昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

セガサターン レース

セガラリーチャンピオンシップ ラリーゲームは売れないという常識を覆した超名作レースゲーム

更新日:

セガラリーチャンピオンシップ

1995年12月29日、セガから「セガラリーチャンピオンシップ」がリリースされました。

アーケード版のリリースから間髪入れず、速攻でサターンに移植されたんです。

秒間表示フレーム数はアーケード版の半分になってしまい完全移植とは言えませんが、デイトナUSAと比較すると、その完成度の高さに驚かされました。

本当に同じハードで開発されたゲームなのか?と思うぐらいグラフィックは向上していましたね。セガの技術力に感謝です。

ようやくプレステのリッジレーサーに対抗できるレースゲームがリリースされて大満足でした。セガサターンの名作ラリーゲームです!

年末年始は家に引きこもってセガラリーで遊びまくっていました。

セガラリーで選択できる車種や、遊べるコースは正直少ないです。

車種は「トヨタ セリカGTー4」「ランチャ デルタHFインテグラーレ」「ランチャ ストラトス」の3種類です。ストラトスは裏技で選択できましたね。

車体がズルっと横にスベリまくる挙動が好きで、常にストラトスを使っていました。

ストラトスは独特な操作感覚なので、慣れるまではかなり大変です。セリカやデルタのようなオーソドックスな挙動ではないんですよね。

特にドリフトした時は大きく外へふくらんでしまうので、その辺を調整するために、十字キーをちょこちょこ押して車体が大きくぶれるのを防いでいました。

コースは「DESERT」「FOREST」「MOUNTAIN」「LAKESIDE」の4種類です。

最後のステージ(LAKESIDE)はコース幅が極端に狭いので、腕の見せどころです。

壁に接触しないでクリアするのは至難の業ですが、好タイムをたたき出すべく、何度もチャレンジしていました。

車種やコースが少なくても、何度も繰り返してプレイする魅力がセガラリーにはあるんですよね。

1995年末から1996年の年初にかけて、自宅に引きこもってひたすらプレイしていました。

今思えば、なんとも根暗な大学生活を送っていたものだなと思いますね(汗)。

セガラリーチャンピオンシップ 動画紹介

ここではセガラリーチャンピオンシップ関連の動画をご紹介します。

アーケード版 セガラリー


私はひたすらサターン版のアーケードモードでプレイして、ゲーセンのプレイに生かしていました。

実は、サターン版をプレイするまでは、アーケード版セガラリーで1位でクリアしたことがなかったんです(汗)。

セガサターン版 セガラリー


グラフィックではアーケード版に及びませんが、ゲーム感覚に関しては全く劣っていないと思います。

ブレーキボタンを押すとブレーキランプが付くんですが、そのさりげない細かい演出が好きだったりしたんですよね。

ストラトスはモードセレクト画面で「XYZYX」と順に押すと出現します。

私は、セガラリーでラリー(WRC)という存在を知りました。

当時はラリーゲームは売れないという説が常識だったそうですね。セガラリーはその常識を覆した名作だと思います。

画面を上下に分割した対戦プレイも楽しめますが、当時大学生だった私にはゲームで遊んでくれる友人が皆無だったので(涙)、対戦でプレイした記憶がありません。

その後、セガラリーチャンピオンシップ・プラスというX-BAND通信対戦機能を搭載した続編がリリースされましたが、自宅に通信環境が整っていなかったので、購入するのを泣く泣く断念した辛い思い出があります。

-セガサターン, レース

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.