昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション メガドライブ

ソニック・ザ・ヘッジホッグ 世界的に大ヒットしたセガ渾身のアクションゲーム

更新日:

ソニック・ザ・ヘッジホッグ

1991年7月26日、セガから「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」がリリースされました。

世界中で全シリーズ7000万本以上売り上げた記念すべきシリーズ第一弾ソフトです。

ソニックは日本第一号の立体商標として登録されていますし、ビデオゲームの殿堂入りもしているので、あまりゲームで遊ばない人でも知名度はあると思います。

ソニックと言えば任天堂のマリオに対抗するべく、セガのマスコットとして作成されたと言われていますし、一般的にはそういう認識ですよね。

しかし、アレックスキッドの存在がすっかり忘れられていることに違和感を感じているのは私だけじゃないはずです(苦笑)。

アレクこそが、マリオに対抗した作られたセガの初代マスコットなのですが、なぜか無かったことになっています。

ソニックの大ヒットでうれしい気持ちと、アレクの存在が無くなってしまった寂しさで、かなり複雑な気持ちになった思い出があります。

ソニックのハイスピードアクションについていけず…

発売前はメガドラ専門誌だけではなくファミコン雑誌にも大きく取り上げられていて、注目度はかなり高かったですね。

普段ソフトを購入する時は中古なのですが、ソニックに関しては躊躇なく新品で購入しました。

電源を入れると「セ~ガ~」というクリアで迫力のある音声が流れます。このときの衝撃は未だに覚えています。一生忘れないと思いますね。

前評判以上の完成度でゲーム性がシンプルで分かりやすく、ステージ毎のギミックが楽しくて毎日熱中してプレイしていましたね。

リングをひとつでも持っていれば敵に当たってもミスにならないというアイデアは素晴らしいと思います。

ボーナスステージも大迫力で圧巻でしたね。メガドライブの機能にはない回転処理をプログラム技術によって実現しています。無理矢理な感じがしないところがさすがですね。

ただ、想像以上のスピード感についていくのがやっとでした。スピードが速すぎるのも問題ですね。このスピードが心地良い人は、相当アクションゲームが上手い人だと思います。

早すぎるスピード感に戸惑いつつもクリアするまでやり込みましたが、真のエンディングにたどり着くことはできませんでしたね。

真のエンディングを見る条件は「カオスエメラルド」をすべて集めることなんです。

リングを50個以上集めた状態でゴール地点に到達するとスペシャルリングが出現し、スペシャルリングに飛び込むとボーナスステージが始まります。

ボーナスステージ中のカオスエメラルドを7つ取得することで真のエンディングを見ることができますが、それってものすごく難しいんですよね(汗)。

ただでさえリングを50個以上集めるのも難しいのに、ボーナスステージはもっと難しく、カオスエメラルドを取るのは至難の業なんです。

もうちょっと難易度が低ければ良いのにと思いましたが、高難易度がソニックの代名詞みたいなものですからね。これはこれで良かったのかもしれません。

2018年にソニックの映画版が公開されます。嫌な予感しかしない!

セガとソニーピクチャーズが共同で映画を製作しているそうです。もう嫌な予感しかしませんね(苦笑)。

最新のCG技術には興味がありますが、そんなことよりも、本業のゲームに力を入れて欲しいものです。

しかし、現在のセガは昔の熱かったセガではありません。

家庭用ゲームをないがしろにし、アーケードゲームをないがしろにしているのが現在のセガなんですよね。残念ながら、現在のセガはソーシャルゲームに魂を売ってしまいました。

昔のセガに戻って欲しいと願う反面、2度と昔のセガに戻ることがないのは明白なので、悔しい思いで胸が潰されそうです。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ 動画紹介

ここではソニック・ザ・ヘッジホッグ関連の動画をご紹介します。

メガドライブ版 ソニック・ザ・ヘッジホッグ

音楽はドリカムの中村正人さんが担当しています。名曲です。当時のUFOキャッチャーの前を歩くと、必ずと言って良いほどソニックの曲が流れていましたね。

かなりやり込みましたが、そのスピード感をものにすることはできませんでした。難しいアクションゲームだと思います。

ゲームギア版 ソニック・ザ・ヘッジホッグ

音楽は古代祐三さんが担当しています。この動画を見るまで気が付きませんでした(汗)。ゲームギア版もスピード感がすごいですね。ついていけません。

-アクション, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.