昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション メガドライブ

ダイナマイトヘッディー シュールすぎる名作アクションゲーム

更新日:

メガドライブ版ダイナマイトヘッディー

1994年8月5日、セガから「ダイナマイトヘッディー」が発売されました。開発はトレジャーが担当しています。

元々が難しいアクションゲームなのですが、難易度選択が出来ずコンテニューにも回数制限があるので、かなり硬派な作りになっています。トレジャーらしいですね。メガドライブの名作激ムズアクションゲームです。

普段は中古でソフトを購入するのですが、ダイナマイトヘッディーに関しては発売日に新品で購入しました!

熊本の「トム」というゲームショップで購入したのですが、なぜかメガドラソフトは新作でも発売当日に2割引で購入できたんですよね。不思議でした。

ちなみに、当時のスーファミソフトは1万円以上していましたから、メガドラソフトはお買い得だったんです。

シュールでギミック満載の激ムズアクション

とにかくシュールな世界観がおもしろいですね。ヘッディーのライバルであるマルヤマが気持ち悪くて未だに印象深く残っています。

ギミックが豊富でプレイしていても飽きません。いたるところに罠が仕掛けられていて楽しいですね。それが高難易度に繋がっているのが大問題なのですが(苦笑)。

アクションゲームとしては、かなり難しい部類に入ります。ステージ序盤から結構辛いですね。何度もミスを繰り返して経験を積んで、少しずつ進めるといった感じでプレイしていました。

ギミックや敵キャラのパターンを体で覚えても、クリアするのに時間がかかってしまいました。結局、クリアできるまで1年以上かかりましたからね(汗)。

それでも遊び続けたのは、世界観が好きだったのとBGMが秀逸だったからだと思います。間違いなく名作です!

ダイナマイトヘッディー 動画紹介

ここではダイナマイトヘッディーの動画をご紹介します。

メガドラ版 ダイナマイトヘッディー

とにかく難しいアクションゲームですが、Beepメガドライブの読者レースでは高評価を得ていました。トレジャーのゲームはすべてが難しくクオリティーが高いので、硬派なメガドライバーに受け入れられていたんですよね。

ゲームセンターCXで有野課長が挑戦していましたが、バグが発生してとんでもないことになっていました(汗)。

私が当時リアルタイムでプレイしていた時は、バグやらフリーズといった不都合は全く無かったので、不思議に思いながら見ていました。熱暴走が原因なのでしょうか?

BGM集


個性的なBGMが心地よいですね。クリアするまでかなり時間がかかり何度もプレイしていたので、未だによく覚えています。

-アクション, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.