昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション セガサターン

ダイナマイト刑事 セガのバカゲーアクションゲーム

更新日:

ダイナマイト刑事

1997年1月24日、セガから「ダイナマイト刑事」がリリースされました。

アーケード版からの移植で、セガサターンと互換性のある「ST-V」基板を使っていたので、ほぼ完全移植になっています。

実は、ベルトスクロールアクションとして、業界で初めてフルポリゴンを採用した、歴史的な作品なんです。

愛されるバカゲーとして、未だに語り継がれる佳作的作品だと思います。

硬派だけどお馬鹿なアクションゲーム

ダイナマイト刑事の難易度は高く、やり応えのあるアクションゲームになっています。

ゲームシステムは硬派なのに、出てくる敵キャラがお馬鹿すぎるので、そのギャップがおもしろいんです。

テロリストを相手に戦っていくのですが、敵がアフロヘアーだったり、パンツ一枚で登場したりと、どう考えてもテロリストに見えません(汗)。

ゲームの目的は、大統領の娘を救出することなのですが、その娘が怖いぐらいブサイクだったりと、あまりにもふざけ過ぎた内容なんです。

でも、操作性が良くて、ベルトスクロールアクションならではの爽快感があるので、楽しく遊ぶことができました。

セガらしい個性的なゲームです。私は大好きですね。

最近のセガはバカゲーを作れないぐらい衰退してしまいましたね。

もう一度、セガにはダイナマイト刑事のようなバカゲーを作って欲しいのですが、無理なのでしょうか?

ダイナマイト刑事 動画紹介

ここではダイナマイト刑事の動画をご紹介します。

ソフトのパッケージに描かれているキャラクターが「ダイ・ハード」に出てくる俳優さんソックリなところがツボだったんですよね。

二人同時プレイで友人とワイワイたのしく遊びたかったのですが、当時はゲーム好きな友人がいなかったので、一人で黙々と遊んでいました(悲)。

見た目のバカっぽさとは裏腹に、難易度はかなり高いです。

しかし、理不尽な難易度ではなく、しっかり攻略することで確実に先に進めるので、ついついやり込んでしまいます。

「CAUTION」システムもダイナマイト刑事の魅力です。移動中のデモシーンも油断してはいけないんです。集中力と緊張感が心地よいですね。

ジャンルは違いますが、メガドラ版レンタヒーロー以上のバカっぽさだと思います。だがそれが良い!世間的には佳作級の評価だと思いますが、個人的にはセガサターンの名作だと思っています。

「ディープスキャン」が収録されている点も良かったですね。

-アクション, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.