昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

シューティング メガドライブ

ダーウィン4081 デコのマイナーシューティングを移植したが評価されず

更新日:

ダーウィン4081

1990年4月7日、セガから「ダーウィン4081」が発売されました。データイーストがアーケードでリリースした「スーパーリアルダーウィン」のアレンジ移植になります。

発売元はセガですが、データイーストが直接開発を担当していたというウワサがあります。あくまでもウワサであって実際のところは不明ですが・・・。

どちらにせよ、アーケードでパッとしないシューティングゲームを移植するのはどうかと思います。知名度も低かったですからね。

案の定、前評判は良くなく、Beepメガドライブの読者レースでも低評価でした。

ダーウィン4081はオーソドックスなシューティングゲーム。それ以上でもそれ以下でもありませんでした。

ダーウィン4081は全部で10ステージあります。

アイテムを取ることでパワーアップして自機が進化し、アイテムを取らないと退化してしまう、一風変わったシステムを採用しています。

ゼビウスと同じように、空を飛んでいる敵と地上にいる敵を打ち分けていく、これといって特徴の無いシューティングゲームです。

当時のシューティングは難易度の高いものが多いのですが、ダーウィン4081も例外ではなく難しいゲームです。しかも、たいして特徴が無いので飽きが早いです。おもしろくなく、ただ難しいだけ。これでは評価は低くなってしまいますね。

データイーストはアクが強くておもしろい作品が多いのですが、ダーウィン4081に関してはアクが強いだけの作品といった感じです。

悪い点が目立ってしまいますが、良くも悪くもデータイーストのゲームがメガドラにリリースされたことに意味があると思います。

デコのバカゲーがメガドラで遊べると思うだけでワクワクしたものです。そういった意味では、メガドライバーに希望を持たせた作品だと前向きに考えたいですね。

ダーウィン4081 動画紹介

ここではダーウィン4081関連の動画をご紹介します。

メガドラ版 ダーウィン4081

なぜスーパーリアルダーウィンをメガドラに移植しようと思ったのでしょうか?デコの名作は他にもあるはずなのに。メガドラはRPGが弱点なので、ヘラクレスの栄光を移植して欲しかったですね。

アーケード版 スーパーリアルダーウィン

スーパーリアルダーウィンはゲーセンで見たことがありませんでした。知る人ぞ知るアーケードシューティングのようですね。デコファンには人気があったのでしょうか?

ファミコン版 ヘラクレスの栄光

スーパーリアルダーウィンをメガドラに移植するぐらいなら、ファミコンRPGの名作である「ヘラクレスの栄光」をアレンジ移植して欲しかったですね。

メガドラRPGには名作が少ないので、アレンジ移植でも外伝的な内容でも、どんな形でも良いので、名作RPGをメガドラで遊んでみたかったんです。しかし切なる願いは実現しませんでした。残念です。

私は友人に借りてプレイした経験があるのですが、復活の呪文(パスワード)を書き間違えてメモしてしまったことが原因で、途中で諦めました(涙)。昔のロールプレイングゲームにバックアップなんてお洒落なものはなかったんですよね。今の若い人には想像もできないと思います。

ちなみに、ヘラクレスの栄光の最新作は、ニンテンドーDS版「魂の証明」です。2008年5月22日に14年ぶりに新作がリリースされたんです。データーイースト亡き後、パオンとスタジオ最前線が開発を行い、任天堂が販売しました。

長い年月を経て続編がリリースされるということは、根強い人気があるという証拠ですね。

-シューティング, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.