昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション メガドライブ

チェルノブ デコのバカゲー炸裂!タイトルがやば過ぎる痛快アクションゲーム。

更新日:

メガドライブ版チェルノブ

1992年10月16日、データイーストから「チェルノブ」がリリースされました。アーケードからのアレンジ移植です。

アーケード版のサブタイトルが「戦う人間発電所」というところから、かなりお馬鹿で危ないゲームだということが伝わってきますね(苦笑)。

メガドライブ版チェルノブは「サンダーフォース4」と同じぐらい細かくグラフィックが描かれているので一見の価値ありですよ!

チェルノブはプレイヤーによってクソゲーとバカゲーに分かれる超問題作!

主人公のチェルノブは父の遺品であるコンバットスーツを身に着けて敵を倒していきます。

強制横スクロールのアクションゲームで、難易度はかなり高いです。世界観だけではなく操作方法も独特で、これが評価を大きく二分する原因になっています。

方向ボタンを押すことで、右を向いたり左を向いたりするのですが、この方向転換が攻撃時の大きなポイントになります。

なかなか慣れるのが難しいので、慣れる前に投げてしまった人は、チェルノブのことを「クソゲー」扱いします。

逆に操作性に慣れてゲームのおもしろさに気づいた人は、愛情を込めてチェルノブのことを「バカゲー」と呼びます。

こんなにも怪しい雰囲気なのに佳作級以上のアクションゲームは、他に類を見ません。マニアック過ぎるので、ある意味もっともメガドライブらしいアクションゲームだと言えるでしょうね。

チェルノブ 動画紹介

ここではチェルノブの動画をご紹介します。メガドライブの問題作なんて言われますが、実際にプレイすると、骨太アクションだということが分かると思います。さすがはデーターイーストですね。

メガドライブ版 チェルノブ

キャラクターが小さすぎるので、チープでおもしろく無さそうに見えてしまいますが、プレイしてみると濃いアクションゲームだということが分かると思います。

これだけの不思議なゲーム感覚は、チェルノブならではだと思います。他の作品では、ここまでの感覚を味わうことはないでしょうね。

アーケード版 チェルノブ

この動画を見ると、メガドラ版はアレンジ移植だということが分かりますね。私はゲーセンでチェルノブを見たことがないので、これが初見でした。

メガドラだけではなくX68000にも移植されていて、アーケード版の完全移植になっているそうです。ということは、原子力うんぬんや、その他危ない部分も、そっくりそのまま移植されていることになりますね。恐ろしや(笑)。

X68000版の動画を探しましたが存在しませんでした。一度見てみたいですね。

セガサターン版も移植の予定がありましたが、開発途中で販売中止になったそうです。どこからか圧力でもかかってしまったんでしょうか?(汗)。

-アクション, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.