昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

シューティング セガサターン

ナイトストライカーSはグラフィックだけの典型的な残念移植なのか?

投稿日:

ナイトストライカーS

1996年6月14日、ビングから「ナイトストライカーS」がリリースされました。

グラフィックはセガサターンということで、かなりきれいになっていますが、肝心の操作性がイマイチです。

アーケード版をプレイしたことのある人にとっては、操作性が違和感にしか感じません。

そもそもアーケード版をプレイした人は少ないのでは?

アーケード版ナイトストライカーは、国内出荷台数が少ないことで知られています。

全国でたったの304台しかリリースしておらず、しかも操縦かんが壊れやすくて、ゲーセンに置いてあったとしても故障中の張り紙が貼ってあることでも有名だったそうですね。

ということは、原作をプレイしたことのあるゲーマーは極端に少ないので、移植度うんぬんを語ってもしょうがないのかもしれないなと思いました。

こういうゲームなんだと思えば、それなりに遊べる内容ですからね。

私はアーケード版ナイトストライカーをプレイした経験がありますが、ナイスト専用筐体でプレイした経験はありません。

昔のことなので記憶がかなりあいまいなのですが、熊本の健軍商店街にあった小さなゲーセンで、ソーラーアサルト筐体でプレイしていたように記憶しています。

その経験があるので、サターン版はグラフィックは美しいのですが、操作感覚は全く違うので最悪。メガCD版の方がよっぽどマシ、という評価になってしまいます。

しかし、アーケード版のプレイ経験がない人にとっては、そこそこ遊べる3Dシューティングゲームという印象を持つことになると思います。

ナイトストライカーS 動画紹介

ここではナイトストライカーSの動画をご紹介します。

アーケード版と比較すると、操作感覚が全く違ったり、ステージ間のロード時間が長かったりと、イマイチな部分が多く、原作ファンからすると納得できない点が多い移植になっています。

でも、原作を知らない人にとっては、そこそこ遊べる佳作級の3Dシューティングに感じると思います。スピード感が心地よいですね。

スペースハリアーと同じで、8の字を書くように自機をグルグル動かすことが攻略法です。障害物を避けるときは、反射神経をフルに使って気合で乗り切りましょう。これが爽快なんです!

-シューティング, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.