昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

セガサターン レース

ハングオンGP'95 名作の続編にふさわしくないバイクゲームになってしまいました。

投稿日:

ハングオンGP'95

1995年10月27日、セガから「ハングオンGP'95」がリリースされました。

ハングオンと言えば、セガ体感ゲームの栄えある第1弾として知られています。

私は幼いときに、ゲームセンターでライドオンタイプのハングオンをプレイしたかったのですが、足が届かなかったので断念した辛い思い出があるんです(汗)。

その続編がセガサターンで登場しましたが、続編作りが苦手なセガらしいクオリティーになってしまいました。

名作ハングオンの冠を付けなくてもよかったのでは?

当時はなんでもポリゴン化するのが流行りだったので、ハングオンも例外なくポリゴンで表現されることになりました。

ゲーム雑誌で見たときには、グラフィックがかなり安っぽく感じてしまったんですよね。

あくまでも開発中の画面で、完成版はもっと良くなるものだと思っていましたが、結局そのままで改善されることはありませんでした。

操作性は非常に難しく、コーナリングをまともに曲がるのも一苦労で、曲がりきれずに壁に激突することはしょっちゅうです。

一番気になるのはバイクの軽すぎるエンジン音ですね。かなりチープに聴こえます。もっと低音のエンジン音が聞きたかったです。

もともとセガサターンは2D最強ハードなので、ポリゴンより昔ながらのスプライトで表現して、ハングオンの純粋な続編を作った方が良かったと思います。

ハングオンGP'95 動画紹介

ここではハングオンGP'95の動画をご紹介します。

実際にプレイしてみると実感できますが、車体の動きやライダーの動きが現実にはありえない挙動になってしまっているので、かなりの違和感を感じます。

あくまでもゲームだと割り切っていても、この挙動はひどすぎると思います。良い部分はスピード感ぐらいでしょうか?

2D最強ハードであるセガサターンでスプライト表現していたら、元祖ハングオン以上の名作になっていたかもしれません。しかし、時代の流れには逆らえなかったんですよね。ある意味悲運のソフトと言えそうです。

-セガサターン, レース

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.