昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

シューティング ファミコン

バンゲリングベイ 名作だと気づくのに30年近くかかってしまいました。

更新日:

バンゲリングベイ

バンゲリングベイと言えば、ファミコンの中でもクソゲー扱いされている有名なソフトですよね。私も子供の頃は、遊んでみて全然おもしろくないと思っていました。

でも、おっちゃんになって遊んでみると、その奥深さに気づかされます。結構おもしろいです。

子供の頃に定価でバンゲリングベイを購入してしまったトラウマ

お正月にもらったお年玉を握り締め、近所にあった城西ストアーへ向かいました。

城西ストアーは当時、熊本にあったスーパーマーケットで、食料品だけではなくプラモデルやゲームソフトも売っていました。

ゲームソフトはガラスケースの中に入っていたので手に取ることができず、表面のパッケージしか見ることができませんでした。この状態で購入するソフトを決めなければならなかったんです。

最終的にスターフォースにするか、バンゲリングベイにするか悩んだ挙句に、バンゲリングベイに決めました。

定価で購入してプレイしましたが、これが全然おもしろくない!

自機の操作がとにかく難しく、敵の工場を破壊後、空母に戻って爆弾を補充している間に敵の戦闘機にやられてしまいます。

敵から誘導ミサイルを発射されたら、ほとんど避けられずに命中してしまいますし、空母が敵の攻撃で撃沈してしまうと復活しないので、ほぼゲームオーバー状態になるんです。

定価で購入してしまったので、なんとか先の面に進めるように何度もチャレンジしましたが、2面が限界でした。さすがに、これ以上やりこむのは無理で、あきらめました。

後日、同級生の家でスターフォースを遊ぶ機会がありましたが、これがかなりおもしろかったです。おもしろかったのですが、同時に辛い思いにもなりましたね。二分の一でクソゲーを掴んでしまったわけですから。

スターフォースを遊んだことが、よりいっそうトラウマになる原因になってしまいました。

大人になって分かる奥深さ。バンゲリングベイは名作だった!

あれから約30年、私がおっちゃんになって実家に帰省した時に、ニューファミコンを押入れから出してみました。

銀河の三人を再プレイする為に購入したニューファミコンですが、数十年ぶりにバンゲリングベイをプレイしてみたいと思ったんです。

遊んでみると、これが意外におもしろかったんです!

難儀していた自機の操作性は、ラジコンカーと同じ感覚で操作すれば、なんとか対応することが可能です。

空母を守ることを最優先して敵の工場を撃破していけば、高い難易度を誇るバンゲリングベイでも、ある程度は先に進むことができます。

敵の戦艦は先手必勝で攻撃すれば問題ありません。

戦略的に進めていくことができれば、クソゲーがおもしろいゲームに変わります。不思議なものですね。

自由度が高すぎるがゆえに、おもしろさを理解するのには時間がかかるんだと思いました。

バンゲリングベイ 動画紹介

おっちゃんになって再度プレイする気になったことがラッキーでしたね。歳を重ねることも悪いことではないなと思いました。若い頃に、このおもしろさを理解しろと言っても無理ですよ。

過去にバンゲリングベイをプレイしてクソゲーだと思った方は、是非もう一度プレイしてみてください。そのおもしろさに驚くと思います。

スターフォース 動画紹介

誰もが認める名作シューティングゲームです。BGMがかっこいいですね。子供の頃、複雑な気持ちでこの名作をプレイしていました。本当に辛かったですね。

-シューティング, ファミコン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.