昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション セガサターン

バーチャファイターキッズ 子供が安心して楽しめない高難易度の格闘ゲーム

投稿日:

バーチャファイターキッズ

1996年7月26日、セガから「バーチャファイターキッズ」がリリースされました。

バーチャファイター2のキャラクターを2頭身にデフォルメしていて、見た感じは子供向けのゲームのように見えます。

しかし、見た目に反して内容はかなり難しくなっているんです。

2頭身になってしまったために、リーチが相当短くなっており、攻撃が当たり難くなっています。

そのことが、難易度を高めてしまう結果になってしまいました。なんとも皮肉なものですね。

コンボつく~るは画期的でした。

難易度が高くなってしまったバーチャファイターキッズですが、特出すべき機能が存在します。それが「コンボつく~る」です。

コンボつく~るでコンボ技を登録することで、ボタン一つでコンビネーション技を出すことができるんです。これは画期的ですね。

コマンド入力が下手な人でも、簡単に技を出すことができるのはうれしいことなんですよ。

格闘ゲームが得意な人は「そんなの邪道だ!」と言うかもしれませんが、私みたいに技の入力タイミングが下手な人間にとってはありがたい機能なんです。

他の格闘ゲームでも、練習モードのときだけでもよいので、採用して欲しいぐらいです。

ジャワティーとのコラボが話題になりました。

バーチャファイターキッズは大塚ベバレジとコラボしたことでも話題になりました。

キャラクターが勝利したときにジャワティーの缶を持っていたり、ステージの床がエネルゲンになっていたと、今までのゲームにはなかったコラボを実現しています。

私も、バーチャファイターキッズをプレイしたことがきっかけで、ジャワティーを飲む気になったんです。

ジャワティーはかなりさっぱりしていて、ほのかな甘みを感じました。

当時の私はまだ若かったので、正直ものたりない味でしたね。炭酸や味の濃いジュースの方が好きでした。ジャワティーを飲んだのは1度きりでしたね。

でも、歳を取った今では、濃い味よりさっぱりした味の方が好きなので、ジャワティーは好みの味だと思います。

販売していたら飲んでみたいですね。最近は見かけませんが、今でも売っているのでしょうか?

バーチャファイターキッズ 動画紹介

ここではバーチャファイターキッズの動画をご紹介します。

もう少しゲームバランスを整えて欲しかったのですが、手足が短いので、これが限界なんでしょうね。

-アクション, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.