昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

パスボールとは

投稿日:

パスボールとは、キャッチャーの捕球可能な範囲内において、ピッチャーの投球をキャッチャーが取り損ねてしまい、ランナーの進塁を許すことをいいます。

プロ野球中継などでは「捕逸」と表現されることがあります。

パスボールは、キャッチャーにエラーは付きません。

さらに、パスボールによって、ランナーが進塁した場合やバッターが出塁した場合は、ピッチャーの自責点にはなりません。キャッチャーのミスになるからです。

上記のことから、パスボールは野球の中でも特殊な記録だといえます。

なぜ、パスボールは野球の中で特別扱いされているのでしょうか?

その理由は、キャッチャーは他の野手より守備機会が多いからです。

ピッチャーが投げた数だけキャッチングするわけですから、守備機会が多いのは明らかです。

日本のプロ野球では、2016年にオリックスバファローズが初めてパスボールゼロを記録しました。驚異的な記録です。

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.