昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

フィルダースチョイスとは

投稿日:

フィルダースチョイス(FieldersChoice)とは、守備を行っている野手の判断ミスによって、明らかにアウトにできるのに、そのプレーを行わなかったことをいいます。

日本の公認野球規則では、フィルダースチョイスのことを「野選」と定義しています。

フィルダースチョイスが発生したときは、電光掲示板の「Fc」の部分にランプが付きます。

例えば、バッターランナーをファーストでアウトにする代わりに、他の塁にいるランナーをアウトにするためにファースト以外の塁へ送球し、その結果アウトが取れなかった場合、フィルダースチョイスになります。

レアケースとして、大量得点差が付いているゲームで、記録稼ぎを防ぐために、フィルダースチョイスにするケースがあります。

例えば、大量得点差のときのランナー盗塁時、守備側の野手がランナーに対して無警戒だった場合は、フィルダースチョイスが適用されるため、盗塁の記録は付きません。

ちなみに「無警戒」の基準は、公式記録員の判断に委ねられます。

この動画では、キャッチャーが送りバントの打球をサードに投げています。

ファーストに投げれば明らかにアウトになりますが、セカンドランナーをアウトにするためにサードに送球し、その結果セーフになったため、フィルダースチョイスが成立しています。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.