昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

プロ野球の永久欠番とは

更新日:

プロ野球の永久欠番とは、大きな功績を残した選手を称えるために、本人以外の使用を禁じた背番号のことをいいます。

阪神タイガースの永久欠番

藤村富美男 背番号10

初代ミスタータイガースといえば藤村富美男さんです。

阪神タイガースで背番号10番を付けたのは藤村富美男さんだけです。この事例は永久欠番の中では唯一のものです。

1972年11月2日に制定されました。

村山実 背番号11

村山実さんは、自身が昭和11年生まれということで背番号11番を誇りにしていたそうです。

阪神タイガースに入団する前は、背番号11番を付けた選手は怪我が多かったために不吉な背番号と言われていましたが、村山さんがそのイメージを大きく変えました。

1972年11月2日に制定されました。

吉田義男 背番号23

ムッシュ吉田の愛称で知られる吉田義男さんは、監督退任と同時に永久欠番に決まりました。

1987年10月13日に制定されました。

読売ジャイアンツの永久欠番

王貞治 背番号1

868本塁打を放った、世界一の本塁打王である王貞治さんの背番号が永久欠番であることは有名です。1989年3月16日に制定されました。

長嶋茂雄 背番号3

日本でミスターといえば長嶋茂雄さんのことです。記録にも記憶にも残る名選手でした。1974年11月21日に制定されました。

黒沢俊夫 背番号4

黒沢俊夫さんは戦争時にジャイアンツの4番として活躍していましたが、1947に腸チフスによって現役選手のまま亡くなられました。

沢村栄治さんと同じく1947年7月9日に制定されました。

沢村栄治 背番号14

戦前の日米野球でベーブルースから三振を取った伝説のピッチャーです。戦争時の怪我によって引退、その後27歳の若さで戦死されました。

黒沢俊夫さんと同じく1947年7月9日に制定されました。

川上哲治 背番号16

首位打者を5回取得したことで「打撃の神様」と呼ばれていました。1965年1月18日に制定されました。

金田正一 背番号34

金田正一さんは通算400勝を達成していて、今後この記録は破られることはないと言われています。

国鉄スワローズで15年間、ジャイアンツで5年間、現役を勤めましたが、国鉄スワローズの34番は永久欠番になっていません。

1970年4月2日に制定されました。

中日ドラゴンズの永久欠番

服部受弘 背番号10

服部受弘さんの永久欠番は、西沢道夫さんと同様で退団させるための妥協点とされています。

1960年3月20日に制定されました。

西沢道夫 背番号15

西沢道夫さんの永久欠番は、服部受弘さんと同様で退団させるための妥協点とされています。

1959年3月15日に制定されました。

広島東洋カープの永久欠番

山本浩二 背番号8

広島東洋カープ初の永久欠番になったのが山本浩二さんです。1986年10月27日に制定されました。

衣笠祥雄 背番号3

鉄人といえば2215試合連続出場を果たした衣笠祥雄さんです。国民栄誉賞を授与された功績をたたえ、1987年9月21日に制定されました。

黒田博樹 背番号15

黒田博樹さんは日米通算で203賞を達成した偉大な投手です。2016年11月1日に制定されました。

埼玉西武ライオンズの永久欠番

稲尾和久 背番号24

稲尾和久さんが引退した後、秋山幸二さんや平野謙さんなどが付けていましたが、2012年7月4日に永久欠番に制定された珍しいケースです。

大阪近鉄バファローズの永久欠番

鈴木啓示 背番号1

大阪近鉄バファローズが消滅する2004年11月10日時点で、パリーグ唯一の永久欠番でした。

チームが消滅すると同時に鈴木啓示さんの永久欠番も消滅してしまいました。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.