昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション メガドライブ

ボナンザブラザーズ あまり知られていないセガのドロボウアクションゲーム

更新日:

メガドライブ版ボナンザブラザーズ

1991年5月17日、セガから「ボナンザブラザーズ」がリリースされました。アーケード版からの移植です。

実は、私はアーケード版の存在を知っていながら、あえてゲーセンではプレイしなかったんですよね。なぜなら、見た目がおもしろそうではなかったからです(苦笑)。

ボナンザブラザーズは画面が上下に分かれていて、一人でプレイする時は下部の画面だけでゲームを進めていきます。

上部の画面はお飾りなので、プレイ画面がものすごく狭く感じて、おもしろくないように見えてしまったんですよね。

そういう訳で、メガドライブに移植されても当然自分で購入することはなく、友人の家でプレイすることになりました。

見た目で判断するのは損!食わず嫌いは損することをボナンザブラザーズで学ぶ。

数少ないメガドライブを所有している友人の家でボナンザブラザーズをプレイしました。意外と言ってはなんですが普通におもしろかったですね。

一緒に遊びに行ったスーファミユーザーの友人は「見た目がクソゲーっぽい」と文句を言っていましたが、情けないことにその文句に反論できませんでした。私がゲーセンではじめて見た時と同じような感想を言っていたわけですからね(汗)。

友人は接客用として購入したそうですが、一人でプレイしても十分楽しい内容だと思いました。

食わず嫌いは良くないですね。見た目のフィーリングが合わなくても、一度はプレイすべきだと後悔しました。

結局、友人に借りてクリアするまでやり込むことになったんです。

おもしろいのに伝わらない…

ボナンザブラザーズは、悪徳商社からお宝を盗んで脱出するドロボウアクションゲームで、敵を殺すことは一切ありません。

盗んだお宝は貧しい人に分け与えるという、銭形平次みたいなストーリーは嫌いじゃないですね。

音楽がポップでノリがよく操作性もシンプルで楽しいので、誰でも手軽に遊べるところが良いところだと思います。

ゴリ押しの力技では先に進むことが難しく、しっかり頭で考えながらのプレイがツボにハマっておもしろかったです。

しかし、とにかく見た目で損してますね。プレイすればおもしろさが分かるのですが、プレイするまでの敷居が高い、めずらしいアクションゲームだと思います。

ボナンザブラザーズ 動画紹介

ここではボナンザブラザーズ関連の動画をご紹介します。

メガドライブ版 ボナンザブラザーズ

当時、中古でなかなか値下がりしなかったので、購入を断念した苦い思い出があります。

アーケード版と比べるとグラフィックがかなり地味に見えますね。メガドライブの同時発色数が少ないことを再確認してしまいました。

ゲームセンターCXで有野課長が挑戦していましたね。有野課長は頭を使ったゲームが得意なので難なくクリアしていました。有野課長のボナンザブラザーズの実践動画を見ると、おもしろさがよく伝わります。

アーケード版 ボナンザブラザーズ

一見すると地味すぎてクソゲーに感じてしまうんですよね。メガドライブ版の出来が良かっただけに、一度はアーケード版をプレイしておけば良かったと未だに後悔しています(汗)。

PCエンジン版 ボナンザブラザーズ

いつもはセガ名作アーケード作品が他機種へ移植されるたびに歯がゆい思いをしていたのですが、ボナンザブラザーズの場合はマイナータイトルだからでしょうか、あまりくやしい思いをしませんでした(汗)。

海外セガマーク3版 ボナンザブラザーズ

まさかのセガマーク3版です。ひとりプレイの時はメガドラ版もセガマーク3版のように1画面をフルに使えばよかったのにと思います。見た目はセガマーク3版の方がおもしろそうに見えるから不思議なものですね。

-アクション, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.