昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

スポーツ ファミコン

マイクタイソンパンチアウト 誰もが認める超名作ボクシングゲーム

更新日:

マイクタイソンパンチアウト

私はボクシングに関しては本当にうとくて、ボクサーは具志堅用高さんと渡嘉敷勝男さんの2人しか知りませんでした。

友人からボクシングのおもしろいゲームがあると聞いて遊びに行ったのですが、これがマイクタイソンパンチアウトをプレイするきっかけになりました。

あまりにもおもしろいので、今までボクシングに全く興味の無かった私も購入してやり込みました。

敵からダウンを奪った時に、カウント1で敵が立ち上がると体力が全回復してしまうのですが、必殺技のアッパー1発でダウンを奪うことができるなど、隠し要素があるところが好きでしたね。

個性的な敵キャラが魅力的なボクシングゲームです。

対戦する敵キャラには強烈な個性があって、それがのめり込む原因になったんだと思います。

第1ステージ グラス・ジョー(GlassJoe)

最初にプレイした時でも負けることが無いぐらい弱く、チュートリアル用のキャラクターです。意味も無くダッキングの練習をしていましたね。

第2ステージ フォン・カイザー(VonKaiser)

相手がアッパースイングの体制に入ったときにボディーを打つと星が取れるので、簡単に倒すことができます。

第3ステージ ピスストン本田(PistonHonda)

「桜」の曲で登場してくるのがおもしろいですね。必殺技のピストンパンチは連続ブロックをするだけで、簡単に回避することができます。基本的にはピストンパンチを出してくる前に倒すことができるので問題ないですね。

第4ステージ ドン・フラメンコ(DonFlamenco)

バラをくわえて踊りながら登場してきます。ふざけたキャラです。パンチ力は強烈なのですが、パンチを交互に当てるだけで簡単に倒せてしまいます。

第5ステージ キング・ヒッポー(KingHippo)

最初に対戦した時は、どうしても倒せず連戦連敗を繰り返してしまいました。

大きく振りかぶったときに顔にパンチを入れるとボディーがガラ空きになるので、ボディーにパンチを連打します。

これを繰り返すだけで簡単に倒すことができるのですが、この謎が解けるまでがしんどかったですね。

第6ステージ グレート・タイガー(GreatTiger)

第2ステージのフォンカイザー戦の時と同じで、アッパースイングの体制に入ったときにボディーを打つと星が取れます。

星を取って必殺技のアッパースイングを繰り返せば簡単にダウンを奪えます。

一番やっかいな分身攻撃に対してはブロックを繰り返すことで簡単に避けることができます。

最初に対戦した時は、対応できずにボコボコに殴られてダウンさせられましたが、対応策さえ知ってしまえば楽ですね。

第7ステージ ボールド・ブル(BaldBull)

最初に見たときにはキャラクターの大きさに圧倒されました。

必殺技のブルチャージは、タイミング良くパンチを繰り出すことで返り討ちにすることができますが、そのタイミングを掴むのが難しかったですね。

失敗した時には1発でダウンを奪われてしまうので、かなり慎重に対応しないといけません。

第8ステージ ピストン本田(PistonHonda)

ピストン本田との2戦目です。特に大きな変化も無いので、必殺技のピストンパンチさえ気をつければ普通に倒すことができます。

第9ステージ ソーダ・ポピンスキー(SodaPopinski)

大きな紫色の体に驚きました。合成音声で豪快に笑う声に腹が立った記憶があります。これといって強烈な必殺技はないので、時間をかければ倒すことが可能です。

第10ステージ ボールド・ブル(BaldBull)

ボールドブルとの2戦目です。攻撃のパターンは前回の対戦とあまり変わりませんが、油断は禁物です。

必殺技のアッパーでしか倒すことができなくなっているからです。スターを最後まで取っておく必要があるんですよね。それさえできれば、倒すことは難しくありません。

そのことに気づくまでは、体力の目盛りがゼロになっているのに、少しずつ自動回復してダウンを奪うことができずに苦戦していました。倒し方さえ分かれば簡単ですね。

第11ステージ ドン・フラメンコ(DonFlamenco)

ドンフラメンコとの2戦目です。特にパワーアップしている訳ではありませんが、面倒なことになっています。

こちらからパンチをしないとドンフラメンコが攻撃してこなくなっているんですよね。

ディフェンスされ続け、こちらのハートがゼロになると、ここぞとばかりにパンチを打ってきます。

パンチをかわすことができれば、それほど苦労せずに倒せると思います。

第12ステージ ミスター・サンドマン(MrSandman)

とにかく強いです。短いモーションからパンチを打ってくるので、避けるタイミングを掴むのが難しいんです。

しかも、必殺技のアッパーパンチ3連続はブロックでの対応が不可能で、当たると1発でダウンされてしまいます。左右に連続スウェーするしか対応する方法がありません。

必殺技さえ確実に避けることができれば、なんとか倒すことができます。

第13ステージ スーパーマッチョマン(SuperMachoman)

強すぎます。私は倒すことができませんでした。必殺技であるスーパースピンパンチを避けることができず、必ず当たってしまいダウンするからです。

素早く連続でスウェーすることで、必殺技を回避することができるのですが、そのタイミングが掴めずにボコボコにされ、攻略することができませんでした。

私の友人は攻略できていたので、プレイを見せてもらいながら練習したのですが、倒すことができなかったんです。無念でした。

第14ステージ マイク・タイソン(KidDynamaiteMikeTyson)

私は第13ステージをクリアできなかったので、自力でマイクタイソンとの対戦はできなかったのですが、友人にパスワードを教えてもらってマイクタイソンと対戦しました。

普通のパンチ一撃で倒されてしまうので、攻略できずに諦めました。友人も倒すことができなかったみたいです。マイクタイソンは、とにかく強すぎます!

マイクタイソンパンチアウト 動画紹介

ここではマイクタイソンパンチアウト関連の動画をご紹介します。

ファミコン版 プレイ動画



マイクタイソンの倒し方が、この動画を見てはじめて知りました。もう一度チャレンジして対戦してみたいですね。その前に、スーパーマッチョマンにもリベンジしてみたいです。

裏技動画 29年後の新事実!まさか裏技が29年目に見つかるなんて。


観客席のヒゲの男が、敵をノックアウトするタイミングを知らせてくれるという裏技です。

これだけの人気ゲームなので、プレイ人口はかなりいると思いますが、今まで誰も気が付きませんでした。

ピストンホンダとボールドブルが相手のときだけ有効な裏技だそうですが、29年後に発見されるなんて、ちょっとロマンを感じる裏技でした。

-スポーツ, ファミコン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.