昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

パズル メガドライブ

マージャンCOP竜 白狼の野望 バカゲー好きな人にはおすすめ?イカサマ麻雀ゲーム。

更新日:

マージャンCOP竜 白狼の野望

1989年12月14日、セガから「マージャンCOP竜 白狼の野望」が発売されました。メガドラ初の麻雀ゲームです。

アドベンチャー風の二人打ち麻雀ゲームで、イカサマ技を使って対戦相手を倒していく変わった内容になっています。

しかも、敵はどこかで見たようなキャラクターなんです。ザ・スーパー忍と同様、著作スレスレ(アウト?)な感じが何とも言えません。

肝心の麻雀よりもキャラクターが目立っていて、ゲーム性はイマイチなので、典型的なキャラゲーになってしまいました。

強烈なゲーム内容。キャラクターがパクリばかり!イカサマ技が大炸裂!!

ターミネーターや仮面ノリダー、丹波哲郎や工藤静香、デーモン小暮やロボコップなど、どこかで見たようなパロディーキャラクターがたくさん出てきます。

見ているだけで面白いですね。特に仮面ノリダーは子供の頃に大好きだったので、最初に見たときのインパクトが凄かったことを思い出しました。

肝心のゲーム内容は、主人公の特殊能力を使って相手を倒していきます。特殊能力といってもイカサマ技なのですが(苦笑)。

相手の牌を透視して見れるようになったり、一発ツモができたりと、なんでもありです。キャラクターにしてもゲーム性にしても、かなりぶっ飛んだ内容になっています。

バカゲー好きな人は食いつきそうなゲームだと思いますが、一般ユーザーには見向きもされないゲームだといえるでしょう。

面白半分で一度プレイすれば十分で、繰り返し熱中してプレイするほどの内容ではないと思います。私も友人の家で一度遊びましたが、それっきりで二度とプレイすることはありませんでした。

結果的にマージャンCOP竜を購入しませんでした。

もともと麻雀ゲームに興味がなかったということもあり、購入には至りませんでした。そもそも麻雀の役すら分からず、ドラえもんのドンジャラを家族で楽しむぐらいのレベルです。

友人が購入したのでプレイさせてもらったのですが、強烈なゲーム性に驚きつつ、キャラクターを見て爆笑しながらプレイしました。

ネタとして購入する価値はあると思いますが、当時は子供でお小遣いに限りがあったので購入しませんでした。

中古で500円ぐらいだったら購入したかもしれませんが、意外に値崩れしなかったんですよね。私が見た限り、最安値でも中古で1980円ぐらいでしたから。

マージャンCOP竜 白狼の野望 動画紹介

ここではマージャンCOP竜関連の動画をご紹介します。とにかくぶっ飛んだ内容になっています。

マージャンCOP竜

この動画ではエンディングを見ることができますが、正直クリアするまでやり込むことはありませんでした。友達のプレイを見ているだけで十分でしたね。

仮面ノリダー

ステージ2の「仮面ヘンダー」は、明らかに「仮面ノリダー」のパクリです。

仮面ノリダーは大好きで、子供の頃によく見ていました。毎週木曜日の午後9時になると、テレビにかじりついて見ていたんです。最近は、テレビにかじりついてまで見たい番組が全くありません。悲しいですね。

私は残念ながらラッコ男を見逃してしまいました。当時、我が家にビデオデッキがなかったので悔しい思いをしましたね。それからは、見逃すことなくすべての仮面ノリダーを見ました。

「みなさんのおかげ」は惜しまれながら放送終了してしまいました。仮面ノリダーの続編は残念ながら作成されることはありませんでしたね。石森プロから苦情があったのでしょうか?

私がリアルで見ていた仮面ライダーは「仮面ノリダー」と「仮面ライダーブラック」でしたね。

「ゴルゴムの仕業か!」でピンとくる人は、私と同じ世代かもしれません。なつかしい!

-パズル, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.