昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

メガドライブ レース

メガトラックス ナムコのクソゲー四輪バギーゲーム

更新日:

メガドライブ版メガトラックス

1991年8月6日、ナムコから「メガトラックス」がリリースされました。有無を言わさずクソゲーですね。

いつもメガドライブにクソゲーを出すナムコですが、いつかはおもしろいゲームを出してくれると信じていて、常にチェックだけは欠かさず行っていました。

しかし、今回のメガトラックスも例外ではなくクソゲーでしたね(涙)。

買って損した!ナムコのメガドラゲームの象徴的な作品

当時、おもしろい対戦ゲームを探すことに全力をあげていました。メガドライブはおもしろいということを友人に知ってもらうためです。

メガトラックスは二人同時プレイができて中古1,980円だったので、とりあえず買ってみたんです。しかし、プレイしてみると、すぐにクソゲーだと分かりました。

グラフィックがファミコン並みで地味すぎ。キャラクターが小さく、ジャンプは大きく跳ばないのでバギーならではの感じが表現できていません。

一番の欠点はスピード感がないことですね。ステージが進むにつれてスピードアップすると思っていましたが、結局スピード感はそのままでスローなままでした。

対戦モードでプレイしても全く盛り上がりません。スピード感がなく動きがモッサリしているので、爽快感がゼロでストレスがたまるだけです。

こんなクソゲーを友達がプレイしてしまうと、今まで以上にメガドライブがクソゲーばっかりという印象を植えつけてしまうことになるので封印しました。

なぜナムコはファイナルラップを移植せずにメガトラックスを移植してしまったのでしょうか?ファイナルラップはメガトラックスの数百倍はおもしろいのに。

メガトラックス 動画紹介

ここではメガトラックス関連の動画を紹介したくないですがご紹介します。

メガドライブ版 メガトラックス

今見てもスピード感がないですね。操作性が悪すぎてプレイしているとイライラがつのります。スピードをもう少し出すことができれば、ちょっとは違った評価になったかもしれませんが、どうでもいいですね。クソゲーなので。

アーケード版フォートラックスの家庭用移植はメガドライブだけなんです。ナムコはアーケードのクソゲーをメガドライブだけに移植するメーカーなんですよね(呆)。

アーケード版 フォートラックス

アーケード版はフォートラックスという名前でリリースしています。私はアーケード版をこの動画で初めてみましたが、アーケード版もスピード感が乏しいですね。家庭用に移植する時には、忠実に移植するのも問題だなと感じました。

そもそも、こんなおもしろくないマイナーゲームを移植するより、メジャータイトルを移植して欲しかったですね。ナムコにはガッカリです。

PCエンジン版 ファイナルラップツイン

スピード感が全然違いますね。間違いなくメガトラックスよりファイナルラップツインの方がおもしろいです。

しかし、メガドライブでリリースされることはありませんでした。おもしろいアーケードゲームはスーファミやPCエンジンに移植され、メガドライブは常に除外視され続けていました。いつもこうだよ!

-メガドライブ, レース

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.