昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション セガサターン

ラストブロンクス 3Dポリゴン格闘ゲーム飽和時代にキラリと光る名作格闘ゲーム

更新日:

ラストブロンクス

1997年8月1日、セガから「ラストブロンクス」がリリースされました。

バーチャファイター2の大ヒット以来、3Dポリゴン格闘ゲームがいろんな会社から大量にリリースされました。

正直うんざりしていた時期にゲームセンターに登場したのがラストブロンクスなんです。

開発元がセガだったので、とりあえず一度だけやってみるかとプレイしてみると、これが意外に楽しくてハマってしまいました。

武器を使う3Dポリゴン格闘ゲームをプレイしたことがなかったので斬新に感じたんですよね。

私が通っていたゲーセンでは、あまり人気がなかったのか対戦することができませんでした。一人で黙々とプレイしていましたね。

セガサターンに移植されてうれしかったのですが、やはり人気はイマイチだったようで、すぐに値崩れしてしまったんです。

武器を使う感覚がおもしろい!

ラストブロンクスの基本的な操作方法は、バーチャファイアーシリーズやファイティングバイパーズとほぼ同じなので、とっつきやすいです。

一番の特徴は武器を使えることです。これが気持ち良いんですよね。ボタンをガチャ押しするだけでも楽しいです。

「アタックキャンセル」システムも秀逸です。攻撃する瞬間にガードボタンを押すことで、動作をキャンセルすることができるんです。

相手を浮かせた後にアタックキャンセルすることで、連続技が入りやすくなるんですよね。

これがバーチャファイターやファイティングバイパーズには無いおもしろさを演出しています。

世界観にこだわり、独特なシステムも素晴らしい名作だと個人的には思っていますが、一般的にはあまり評価されていません。

セガサターン版ラストブロンクスが発売された年の12月にはファイターズメガミックスがリリースされましたが、その中にラストブロンクスのキャラクターが1人も出ていないことからも、評価されていないことがうかがえます。

もう少し評価されても良い作品だと思います。

ラストブロンクス 動画紹介

ここではラストブロンクスの動画をご紹介します。

キャラクターが小さくなったり、一部モーションが削られたりしていますが、かなり頑張って移植していると思います。

サターン版は2枚組みで「ラスブロ教室」という練習モードが追加されています。

丁寧に作られていて、アタックキャンセルや空中コンボの練習ができるのが良いですね。

矢尾一樹さん、塩沢兼人さん、冨永みーなさん、緒方恵美さん、井上喜久子さん、玄田哲章さんといった豪華声優を惜しみもなく採用しています。声優さんだけを見れば名作なのですが・・・。

エンディングはアニメが流れますが、これは蛇足でしたね(汗)。

ラストブロンクスのVシネマが存在するらしいです。怖いもの見たさで見てみたいですね。

-アクション, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.