昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

セガアーケード レース

ラッドモビール アーケード初の32Bitゲームなのに全く注目されなかった悲運のレースゲーム

更新日:

ラッドモビール

みなさんは「 ラッドモビール ( RadMobile ) 」というアーケードのレースゲームをご存知でしょうか?

アーケード初の32Bitゲームとして、1991年にセガから満を持してリリースされました。

しかし、セガ体感レースゲームの中でもっとも知名度の低い作品となってしまいました。

熱狂的なセガファンでも「そんなゲームあったっけ?そんなの知らないよ。」という方も少なくないと思います。

実は、当時の私も偶然ゲーセンでその存在をたまたま見かけただけで、予備知識は全く無かったんです。

ラッドモビールはグラフィックは綺麗でもゲーム性は大味だったんです。

当時、熊本の下通りにあった「フェスタ」というゲーセンに設置してありました。

よく見てみると、タイトル画面に「SEGA」のロゴが入っていたので、そのときにラッドモビールがセガ製のレースゲームだと気づいたんです(汗)。セガマニアの私でも、ラッドモビールに関しては全くの無知でした。

セガの体感ゲームであるならプレイするしかないので、実際に数回プレイしてみました。

グラフィックはさすがに32Bitということで細かいところまで描かれています。対向車がパッシングするグラフィックに感動したものです。

背景のグラフィックが大きくスピード感があり迫力満点です。アーケード版のスーパーモナコGPを越えるグラフィックの完成度に驚きました。ソニックのフィギュアが車内でぶらぶら揺れているのも印象的でしたね。

車体も大きく動くので、セガの体感ゲームとしては納得のできる内容だったと記憶しています。

しかし、レースゲームとしてはかなり大味なゲーム性であることは間違いなく、それが知名度の低さの原因だとも言えます。

ゲーム性の完成度が高ければ、間違いなく口コミで広がりますからね。ラッドモビールにはそれがほぼ皆無でした。

大味なゲーム性の割に難易度はそれほど高くはなく、数回プレイすれば簡単にクリアできる内容でしたね。私自身はやり込むことはありませんでした。

ゲーセンのフェスタでラッドモビールをプレイしている人を見たことは一度も無かったので、インカム率はかなり低かったのではないかと思います。

グラフィックが凄かっただけに惜しい作品です。もう少しゲーム性が良ければ佳作級の作品になっていたのではないでしょうか?

ラッドモビールは未だに完全移植がありません。

あまりにも知名度がないせいか、ラッドモビールの完全移植作品が存在しません。

セガサターン版「ゲイルレーサー」はラッドモビールを無理やりポリゴン化して大失敗してしまいました。

当時はポリゴン絶対主義の時代だったので、スプライト作品を無理やりポリゴン化してリリースすることが往々にしてあったんですよね。

セガサターンはスプライトに特化したゲームハード機だったので、オリジナルのまま移植して欲しかったのですが、それはかなわぬ夢となってしまいました。

今からでも遅くないので、家庭用ハードに原作のままの移植を期待したいです。

ラッドモビール 動画紹介

ここではラッドモビールの動画をご紹介します。

アーケード初の32Bitゲームなので、もう少し話題になって欲しかった作品です。

今見てもスプライトのグラフィックが美しいですね。ヘッドライトを付けたりワイパーを動かしたりするのが楽しかったんです。ちゃんとワイパースイッチが筐体についていたんですよね。アーケードならではの楽しみでした。

セガは、ラッドモビールをリリースした後、徐々にポリゴンを使用したレースゲームにシフトしていきます。スプライトを使ったゲームは味があるので好きなのですが、時代の流れにはさからえなかったんですね。

ラッドモビールの1年後には「バーチャレーシング」がリリースされ、セガだけではなくゲーム業界全体がポリゴンにシフトしていきました。

時代の転換期を迎えると、新しい技術にワクワクするとともに古い技術が廃れてしまうので、なんともいえない寂しい気持ちになりますね。

ファミコン本体やゲームボーイ本体を開発した横井軍平さんは「枯れた技術の水平思考」という名言を残していますが、スプライトからポリゴンにシフトした時期には、この言葉は当てはまらなかったような気がします。

その後、ハンディゲーム機や携帯ゲーム機にはスプライトが使われているソフトが大多数でしたが、現在ではほとんどポリゴンで、スプライトを使っているゲームを探すほうが難しいですね。

スプライトを使ったゲームを楽しみたいなら、90年代のレトロゲームをプレイするしかなさそうです。

-セガアーケード, レース

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.