昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

RPG セガサターン

ヴァーチャルハイドライド 3D酔いしてしまい途中であきらめました。

更新日:

ヴァーチャルハイドライド

1995年4月28日、セガから「ヴァーチャルハイドライド」がリリースされました。

ゲーム雑誌で見たときには、実写取り込みの主人公のうしろ姿が印象的でしたね。

ロールプレイングゲームなのにスコアが表示されているなど、一風変わったゲームです。

3D酔いさえしなければ・・・

過去のハイドライドシリーズが好きだった人は、セガサターン本体と一緒に購入した方もいるかもしれませんね。

私は友人の家でMSX版ハイドライドを少しプレイさせてもらった経験があるのですが、馴染めなくて諦めてしまいました。どうしても洋ゲーテイストは苦手です。

メガドラにもスーパーハイドライドがリリースされましたが、MSX版の経験があるので見送った経緯があるんです。

サターン版ヴァーチャルハイドライドも購入を見送ろうかと思っていましたが、ゲーム雑誌を見ると過去のものとは全く違うので、どうしようか悩んでいました。

悩んだ挙句に購入を見送りましたが、ワゴンセールの常連になったときに500円で購入したんです。

主人公は実写で背景がポリゴンを使って描画されているのですが、とにかく酔うんです(汗)。

全力疾走して画面をグリグリ動かすのが楽しいんですが、15分もすると酔って気持ち悪くなってしまうんですよね。

結局3D酔いを克服することができなかったので、プレイ続行が不可能になってしまいました。

ゲーム性は好きだっただけに、悔しい思いをしました。3D酔いしない人がうらやましいです。

40億通りのマップを体感してみたかったですね。

ヴァーチャルハイドライド 動画紹介

ここではヴァーチャルハイドライドの動画をご紹介します。

主人公はもう少しカッコイイ人物にして欲しかったです(笑)。

動画を見ると、そんなに3D酔いしませんでした。今だったら普通に遊べるかもしれません。世界観やゲーム性は好きなので、いつかはリベンジしたいです!

どうでもよいことですが、バーチャルハイドライドではなくヴァーチャルハイドライドなんですよね。なんでもかんでもタイトルにバーチャルって付いていた時代だったんです。当時はトレンドだったんですよ。

-RPG, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.