昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

併殺(ゲッツー)とは

投稿日:

併殺とは、一連の守備の中でアウトが2つ記録されるプレイのことをいいます。

併殺の定義として注意すべきことがあります。

併殺の機会は、バッターが打球を打った後だけではなく、ピッチャーが牽制球を投げた後でも併殺する機会が発生するからです。

また、併殺の最中に失策が記録された場合は、併殺は認められません。

併殺のことをゲッツー(GetTwo)ということがありますが、ゲッツーは和製英語です。英語ではダブルプレイ(DoublePlay)といいます。

日本プロ野球では野村克也さんの378併殺が最高記録です。メジャーリーグではアルバートプホルスさんの374併殺が最高記録です。

併殺の種類

フォースダブルプレイ

ノーアウトまたはワンアウトランナー1塁で、バッターが内野ゴロを打った場合、セカンドへ送球してフォースアウトにした後、ファーストへ送球してバッターランナーをアウトにすることをフォースダブルプレイといいます。

リバースフォースダブルプレイ

バッターが内野ゴロを打った場合、1つめのアウトをフォースアウトに取ることによってフォース状態が解除されたランナーに対して、次の塁に到着する前にタッチアウトにすることをリバースフォースダブルプレイといいます。

リバースフォースダブルプレイ中にランナーがホームインした場合は得点が認められますが、バッターに打点は記録されません。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.