昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

スポーツ セガサターン

全日本プロレスFeaturingVirtuaは突然評価が急落しためずらしいプロレスゲームです。

投稿日:

全日本プロレスFeaturingVirtua

1997年10月23日、セガから「全日本プロレス FEATURING VIRTUA」がリリースされました。

私は当時プロレスにはまっていたので、セガからプロレスゲームが出ると知って、かなり期待していました。

私にとってはめずらしく、発売日に定価で購入したんです。購入して良かったと思える、納得の完成度でした。

怪我システムが斬新でお気に入りでしたが、一般的な評価はイマイチのようです。

全日本プロレスFeaturingVirtuaの評価は、発売当初はかなり高いものでした。

セガサターンマガジンの読者レースでは、上位10位に入っていたんです。

当時はポリゴンのプロレスゲーム自体がほとんど無くめずらしいということもありましたが、怪我システムが斬新で、ダメージが蓄積すると鈍い効果音とともに「足30%」などダメージ指数が表示されます。

個人的には、この表現方法がかなりのお気に入りで、何度も繰り返してプレイしました。怪我システムのおかげで、本物のプロレスのような試合展開を楽しむことができるんです!

しかし、ある程度時間が経ってから、読者レースで突然順位が急落してしまいました。50位ぐらいに順位が落ちたときには、さすがにショックを受けてしまいましたね。

ゲームシステムの単調さと、期待度が大きすぎたことが原因だと思いますが、読者レースの中で、ここまで順位が急落したのは全日本プロレスFeaturingVirtuaだけだと思います。

全日本プロレスFeaturingVirtua 動画紹介

ここでは全日本プロレスFeaturingVirtuaの動画をご紹介します。

私は2000年前後のプロレスを主に見ていました。

全日の四天王プロレスと新日のnWoを見ることが毎週の楽しみでしたね。

全日本プロレスFeaturingVirtuaは、全日の四天王プロレスを見事に再現しています。

その中に、バーチャファイターのキャラクターである「ジェフリー」と「ウルフ」が違和感なく参戦しているところが嬉しいですね。

ちなみに、「ジムスティール」選手がウルフの格好をして全日のリングに上がっていました。ウルフそっくりのいでたちには感動しましたね。

肝心の内容なのですが、相手の弱点を狙うときに打撃中心になってしまうので、ゲーム自体が単調になってしまうのが惜しいところです。

相手をひたすら鉄柱に当てて首のダメージを増やして、必殺技で仕留めるというワンパターンでクリアできてしまうので、作り込みが甘いと言われてもしょうがないですね。

でも、個人的には大好きなプロレスゲームです。

-スポーツ, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.