昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

名古屋 生活

名古屋で蛍光灯を捨てるときは要注意!捨て方が変わっていました。

投稿日:

蛍光灯 切れた

休日に家でゴロゴロしていると、突然リビングの蛍光灯が切れてしまいました。

急いで某家電量販店に行って蛍光灯を購入してきました。休みの日で良かったですよ。

切れてしまった蛍光灯は、当然捨てないといけません。

今まで、名古屋で蛍光灯を捨てるときは、緑色の不燃ごみの袋に入れて、ゴミ捨て場に置くだけでOKでした。

今回も蛍光灯を不燃ごみの袋に入れて捨てようと思ったんです。

でも、前回蛍光灯を捨てたのは数年前だったので、もしかしたら捨て方が変わっているかもしれないと思い、念のために虎の巻を読んでみたんです。

要注意!名古屋で蛍光灯を捨てるときは、回収拠点へ持ち込まないといけません。

名古屋 ゴミ捨て 虎の巻

虎の巻を読んで良かったです。

なぜなら、名古屋では平成29年10月から蛍光灯の捨て方が変わっていたからです(汗)。

蛍光灯はすぐに切れるものではないので、交換するのは数年後になります。

その間に捨て方のルールが変わると、気が付かない人って結構多いと思うんですよね。私もその中の一人でした。

虎の巻では、蛍光灯のことを蛍光管と書いてありました。ほぼ同じ意味だと思います。

「環境事務所・蛍光管改修協力店舗(家電量販店、ホームセンターなど)にお持込ください」と書いてありました。

ゴミ捨て場に置いてはダメだということですね。店舗への持込が前程ということになります。

念のために確認して良かったですよ。

もし間違えてゴミ捨て場に置いてしまったら、回収されずに置きっぱなしになってしまいますからね。

他の人の迷惑になってしまいます。蛍光灯は割れやすくて危険ですからね。

ちなみに、白熱電球やLED製品は対象外らしく、不燃ごみで出して大丈夫なんだそうです。ややこしい!

そんな訳で、某家電量販店に持ち込みました。

回収ボックスがあったので、切れた蛍光灯を入れました。これで処分は完了です。

ちなみに、蛍光灯の回収を協力している店舗は、名古屋市のホームページから調べることができます。

私も、このホームページから蛍光灯を回収してくれる店舗を探しました。

何はともあれ、無事に蛍光灯を捨てることができて良かったです。

-名古屋, 生活

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.