昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

スポーツ ファミコン

名門!第三野球部 ファミスタ風の激ムズ野球ゲーム

更新日:

第三野球部

私が小学生の頃、空前のキャプテン翼ブームがありました。キャプつばの影響を受けた友人のほとんどがサッカー部に入部していた時代です。

私は野球が好きだったので、野球部に入ってマイペースで野球を楽しんでいました。

そんな私にとって、少年ジャンプで連載していた「県立海空高校野球部員山下たろーくん」と少年マガジンで連載していた「名門!第三野球部」は好きな野球漫画で、バイブル的な存在だったんですよね。

残念ながら山下たろーくんはゲーム化されませんでしたが、第三野球部はファミコンにゲーム化されました。

古本屋で中古980円で売っていたので購入しましたが、まさかここまで難しい野球ゲームだとは予想もできませんでした。

いまだかつて体験したことのない超投高打低!まともにバッティングができない。

ゲーム雑誌で見たときにはファミスタシステムなので、とっつきやすいと思っていました。

しかし、実際にプレイしてみると、これが非常に難しいんです!

ドラマチックモード中に、画面上部にキャラクターの顔と会話が表示されますが、それが原因でピッチャーとバッターの距離が極端に短くなっているんです。

距離が短いと、ピッチャーの投げる球が異常に速く感じるんですよね。しっかり球を見てバットを振ってもまともに当たりません。

あらかじめ球種とコースにヤマをかけてスイングしないと、ヒットを打つどころかバットに当てることすら難しいです。

原作のイメージを壊さない作りはスゴイと思いますが、肝心のゲーム性がイマイチなのが惜しかったですね。

名門!第三野球部 動画紹介

ここでは名門!第三野球部関連の動画をご紹介します。

ファミコン版 名門!第三野球部

週間少年マガジンの30周年記念ソフトとしてバンダイからリリースされました。原作を熟知している人が納得できるストーリー展開は、さすがキャラゲーのバンダイだと思いましたね。これでゲーム性がともなえば、名作になったかもしれません。

ドラマチックモード中に、キャラクターの会話部分を見ているとゲームにならないところが辛いですね。良く再現されているのでじっくり見たいのですが・・・。

アニメ版 名門!第三野球部

第三野球部は1988年10月22日から放送されました。昭和に放送開始された最後のアニメだそうです。私はリアルタイムで見ることができませんでした。熊本では日曜日の午前6時から再放送されていて、ビデオで録画して何度も繰り返して見ましたね。懐かしいです。

-スポーツ, ファミコン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.