昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション セガサターン

新・忍伝 大人気の忍シリーズを中途半端に実写化してしまったことでバカゲーになってしまいました。

更新日:

新・忍伝
1995年6月30日、セガから「新・忍伝」がリリースされました。

忍シリーズはセガアクションゲームの代表作のひとつとして有名です。

メガドラ版スーパー忍の完成度は素晴らしいものがありました。後世に残る名作です。

セガサターン版「新・忍伝」はスーパー忍の続編にあたるので期待したかったのですが、不安の方が大きかったです。

ゲーム雑誌を見ると、全編実写を使っていたんですよね。発売前から嫌な予感がしたのは私だけではなかったはずです。

完成度は高いが見た目で全てが台無しになってしまった。

アクションゲームとしての完成度は高いと思います。シリーズ通じて難易度は難しく、新・忍伝も当然ながら硬派な難易度を誇ります。それが魅力だったりするんですよね。

しかし、ゲーム開始時とステージ間の実写ムービーが水を差すんです(汗)。

ツッコミどころ満載の実写ムービーは正直必要ありません。忍の世界観が台無しになってしまいました。

そもそもゲーム中のキャラクターが実写なので、かなりの違和感を感じてしまいます。その時点でダメダメなんですけどね(苦笑)。

次世代機になって、無理矢理ポリゴン化したり実写化したりと、マシンパワーを変な方向に使うソフトが数多く出ましたが、新・忍伝もその中のひとつです。

ゲーム性は良かっただけに、もっと忍の世界観を大切にして欲しかったと思いますね。

新・忍伝がクソゲー扱いされずにバカゲー扱いされたのは、ゲーム性が良かったからです。もしゲーム性が悪かったらと思うとゾッとします。

新・忍伝 動画紹介

ここでは新・忍伝の動画をご紹介します。


忍シリーズを中途半端に実写化してしまうと、コントになってしまうことが証明されてしまった作品でもあります。

世界観を大切に実写化していれば、ここまで酷評されることはなかったのではないでしょうか?

バカゲーと言われるだけありがたいですね。個人的にはクソゲー呼ばわりされてもおかしくないと思います。

次世代機で名作の忍シリーズが遊べる期待感を完全に裏切った形になってしまいましたからね。メガドラ版とは違って名作とは程遠い完成度になってしまいました。

結局、セガサターンの忍シリーズは新・忍伝のみのリリースになりました。ドリームキャストでは忍シリーズはリリースされなかったので、新・忍伝の失敗が影響していると思います。

ちなみに私は新・忍伝を「しんにんでん」だと思っていましたが、正しくは「しんしのびでん」だそうですね。20年以上間違った認識でいました(汗)。

-アクション, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.