昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

雑記

日曜日に平針試験場で免許更新するなら、午前11時以降が楽です!

投稿日:

平成がもうすぐ終わろうとしている2019年03月17日の日曜日、平針試験場で免許更新を行ってきました。

前回の5年前は、朝早く行って失敗したんですよね(汗)。

日曜日は朝の8時30分から受付を行っているんですが、先が見えないほどの長蛇の列になっていたんです。

結局、受け付け窓口にたどり着くまでに60分以上もかかってしまいました。

そういう経験があるので、今回は少し時間を遅らせて行ってみました。

ドニチエコきっぷを使って名駅から平針試験場へ

2019年03月時点では、平針試験場には駐車場がありません。交通公共機関を使う必要があります。

そこで、私が購入したのが「ドニチエコきっぷ」。バスと地下鉄の全線で乗り放題になる一日乗車券で、大人600円です。

久々に購入して驚きましたが、かなりちゃっちくなっていたんですよね(汗)。前はデザイン性が良くてかっこよかったのに。

まずは東山線を使って名駅から伏見駅まで向かいます。伏見駅は名駅から1駅なのですぐ到着するのですが、伏見駅から鶴舞線に乗り換えて平針駅まで行くのが大変なんです。

なにせ12駅先ですからね(汗)。かなり時間がかかりましたが、伏見駅からだと座れるので楽でした。

平針駅から平針試験場まではバスで移動します。平針試験場行きのバスの乗り場は大きい文字で書いてあるのですぐにわかります。

バスもドニチエコきっぷを使えば乗り放題です。

バスに乗ってカードを通そうと思ったら、バスの運転手さんから「見せるだけで良いですよ」と言われ、ちょっとだけ恥ずかしかったです(照)。

午前10時に到着する予定が、9時45分に平針試験場に到着しました。

免許証の有効期限が「平成36年の誕生日まで有効」だと…

受付窓口は少し並んでいましたが、10分ぐらいで到着することができました。5年前に比べるとすごく楽でしたね!

受付窓口でハガキと3,000円を提出し、書類を受け取りました。

書類に必要事項を記入しましたが、裏面にあるアンケートを書き忘れたので、思わぬ時間ロスになってしまいました。気が付かなかったんです(汗)。

書類に記入した後、視力検査を受けるために並びましたが、これが少し時間がかかったんですよね。

もう少し到着時間が遅ければ、ここまで並ぶことはなかったと思います。時間が早ければ早いほど人が多いので、並ぶ時間は長くなってしまいますからね。

私は9時45分に平針試験場に到着しましたが、並ぶ時間を減らしたいなら、もっと遅めに到着した方が良いです。

視力検査に関してはちょっと失敗してしまいました(汗)。

最初は左目の検査なのですが、右目はつぶらなくて良いんです。でも私は思い切りつぶってしまったんですよね。

左目の検査が終わって右目の検査になったときに、目をつぶっていたせいでぼやけてしまい、よく見えなくなってしまいました。

良く見えなかったのでかなり焦ってしまいましたが、何とか検査をパスすることができたので良かったです。

視力検査が終わった後は、免許証用の写真を撮って講習を受けます。

私は10時55分から始まる講習を受けました。講習が始まるまでの待ち時間は20分ほどでした。

講習は、最初に15分ほどのビデオを見て説明を受けます。その後、出来上がった免許証を受け取って終了です。

免許証を見て「平成36年の誕生日まで有効」と書いてあったことに驚きました。

確かに現時点で新元号の発表はされていないのでしょうがないのですが、個人的には西暦で記載して欲しかったです(涙)。あと2ヶ月で平成も終わってしまいますからね。

日曜日の免許更新で並びたくなければ、なるべく遅く行ったほうが良い!

せっかくの休みの日曜に免許更新を行わないといけないので、さっさと済ませようと早い時間に行くと、みんな考えることは一緒なので、長い行列に巻き込まれることになります。

できるだけ時間をずらしたほうが、並ぶ時間を短くすることが可能なんですよね。

私は9時45分に到着しましたが、それでも早いと思いました。

5年後に免許更新する際は、午前11時に平針試験場に到着できるようにしようと思います。

-雑記

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 AllRights Reserved.