昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

RPG セガサターン

真・女神転生デビルサマナー メガテンシリーズの続編がセガサターンで登場!

更新日:

真・女神転生デビルサマナー

1995年12月25日、アトラスから「真・女神転生デビルサマナー」がリリースされました。

悪魔をスカウトして悪魔召喚するシステムが斬新で、ファミコン時代から人気のある女神転生シリーズがセガサターンに登場したんです。メガドラ時代にはあり得ないことですね。

3DダンジョンRPGなので、プレイする人を選んでしまうのが難点ですが、従来の女神転生ファンにとっては納得する完成度だと思います。

ハードボイルドな世界観が良い!

デビルサマナーでは、前作までの女神転生シリーズと違い「忠誠度システム」を採用しています。

仲魔の忠誠度が低い状態だと、当然のように命令を聞いてくれません。

目には見えない数値で管理されているわけですから、最初は面倒なシステムだと思いました。確認のしようがありませんからね。

しかし、これが仲魔の個性だと思うと、不思議なもので結構かわいく感じるものなので、忠誠度システムはなかなか考えられているものだなと思いました。

デビルサマナーの世界観も好きですね。過去の女神転生シリーズと比較すると、かなり硬派なグラフィックでハードボイルドな雰囲気が素敵です。BGMもかっこ良く、ハードボイルドな雰囲気を演出していますね。

難易度も過去の女神転生シリーズと同様でハードボイルドな高難易度を誇ります。

敵の即死する技が、かなりの確率で当たってしまうんです。理不尽極まりないです。ダンジョンの構造も複雑で、落とし穴に落ちるたびに心が折れてしまいます(汗)。

情けないことに、私は公式ガイドブックを見ないとクリアすることができませんでした。

しかし、この公式ガイドブックがくせ者で、最後のダンジョンが載っていなかったんですよね(汗)。

最後ぐらい自分でクリアしろということでしょうか?こんな不親切な攻略本は初めてでした。ある意味良い思い出になりましたね。

真・女神転生デビルサマナー 動画紹介

ここでは真・女神転生デビルサマナーの動画をご紹介します。

世界観がカッコイイですね。なにより現実世界に近い形になっているので、ファンタジーな感じのRPGとは一線を画します。舞台は横浜をモデルにしているようですね。

唯一の欠点はデータの読み込みです。想像以上にデータの読み込みが行われるので、ゲームのテンポが悪くなってしまうんです。メディアがCDなのでしょうがないのですが、もう少しなんとかして欲しかったですね。

-RPG, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.