昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

メガドライブ

私にとってメガドライブは、とても大切な存在です。

更新日:

気づけば四十路のおっちゃんになっていた。そんな私を形成したのがセガだった。

日本人男性の平均寿命は約80歳だそうです。私は今、ちょうど人生の折り返し地点にいることになります。

人生の折り返し地点を迎えて自分の人生を振り返ってみると、私の人格形成に大きく影響を与えた存在が「セガ」だと断言できます。

こんなことを言うと「そんな大げさな!」と思われるかもしれませんが、ふざけている訳ではなく本当にそう思います。

セガがたった一人で任天堂に戦いを挑んでいた姿を見て「根気」というものを学ばせてもらいました。無意識のうちにセガの反骨精神に惚れていたのかもしれません。

私は取り柄というものがほとんどありませんが「根気強さ」だけは人一倍あると思っています。セガから学ばせてもらいましたから。

小さい頃から無類のテレビゲーム好きで、特にセガはお気に入りでした。しかし、当初は生粋のセガマニアではなかったんですよね。

親がファミコンと間違えてマーク3を買ってくるのがセガマニアの王道なのですが、私の親は普通にファミコンを買ってきてしまいました。その頃はセガの存在すら知らず、ずっとファミコンで遊んでいました。

はじめてのセガとの出会い-セガマーク3

そんな時、たまたま幼なじみの友人宅へ遊びに行くと、得体の知れないゲーム機が置いてあったんです。そのゲーム機こそがセガマーク3だったんですね。

テディーボーイブルース」「青春スキャンダル」「ファンタジーゾーン」「北斗の拳」「アレックスキッドのミラクルワールド」「阿修羅」「スペースハリアー」「ロレッタの肖像」「ウッディポップ」など、強烈に印象に残るソフトが多くて感動した記憶が今でも残っています。私がセガマニアになった瞬間です。

セガという存在を教えてくれた幼なじみには感謝の気持ちしかありません。彼との出会いがなければ、今の私はきっと無かったと思います。いわば恩人ですね。

自宅ではファミコンしか遊べない環境に悶々としていました。幼なじみは1学年上なので頻繁に遊びに行くこともできず、なかなかセガマーク3で遊ぶことができませんでした。

どうしてもセガマーク3が欲しかったのですが親には言えませんでした。ファミコンを購入してもらったので、これ以上おねだりすることは金銭的に難しかったんですよね。

そんな状態から数年の時が経ち、セガから次世代機「メガドライブ」が発売されることになりました。

セガが一番輝いていた時期、それはメガドライブを世に放った瞬間だった。

セガから次世代機が出る!ということで期待感はハンパなものではありませんでした。なによりも自宅でセガのゲームを遊べるチャンスが来たわけですからね。

当時はメガドラ専門雑誌だけではなく、ゲーム雑誌全般でメガドラの記事を良く見かけるようになりました。セガマーク3の頃にはなかった現象です。期待せざるを得ない状況になってきたわけです。

ここまでセガが脚光を浴びたのは初めてのことで、個人的にはセガが一番輝いた時期だと思います。

しかしメガドラはあまり売れませんでした。その原因は任天堂の「スーパーファミコン出る出る詐欺」によるものです。

スーパーファミコン出る出る詐欺とは「スーファミがもうすぐ出るから、もうちょっとファミコンで我慢しててね♪」とジラしてメガドラを買い控えさせる任天堂の罠のことです。

スーファミ発表から2年もの間発売しなかった訳ですから、どう見ても詐欺ですよね。情報戦が上手かったと言えばそれまでですが…。

そんな中、私は発売当日にメガドラを購入できませんでした。出る出る詐欺に引っかかった訳ではなく、単なる金欠が原因です(涙)。悔しい思いをしながらコツコツお小遣いを貯め、中古9800円でようやくメガドラ本体を購入することができました。

メガドラ本体と同時購入したソフトは「獣王記」と「サンダーフォース2」でした。毎日必死になってやり込みましたね。

メガドライブから人生の大切なことを学ぶ日々

中学時代は勉強しないでメガドラばっかり遊んでいたので、親から勉強しないと取り上げるぞと脅しをかけられました。

メガドラで遊ぶことは当時の生きがいそのものだったので取り上げられるわけにはいきません。必死になって勉強して、学年で150位だった成績を最高で16位まで伸ばすことに成功しました。

勉強で結果を出したので親は何も言えなくなり、安心してメガドラを遊ぶ環境を自分の力で手に入れることができました。メガドラの為なら何でもできましたね。今思えばすごいバイタリティです。好きなことなら何でもできる!

必死になって物事に取り組むことの大切さをこの時に学びました。まさか「やればできる」ということをメガドラから学ぶとは。人生ってわからないものですね。

現在のセガはセガではなくなった。悲しい現実に目を背けたくなる。

メガドラからセガサターン、そしてドリームキャスト。セガがリリースしたハードを購入してきたわけですが、ドリームキャストをもって家庭用ゲーム機のハード開発から撤退することになります。

ハード撤退の事実を知って大きな衝撃を受けました。ハードメーカーからソフトメーカーに転身したセガは、かつてのライバル機にソフトをリリースすることになるので、本当に悔しい思いをしました。こんなのセガじゃない!

しょうがなくプレステ2を購入しましたが、購入するソフトといえば「 SEGA AGES2500 」シリーズばかり。そのうちゲーム自体をやらなくなってしまいました。ゲームに対する情熱が一気に冷めてしまったんです。

セガの大迷走。そして絶望へ・・・

その後、セガは開発部隊を分社化したと思えば再統合したりと迷走を続けます。挙句の果てにはサミーと経営統合(事実上はサミーがセガを買収した形)してしまいます。セガを支えていた有名ゲームクリエイター達は次々とセガから離れていきました。

そして2015年、株式会社セガゲームスへ社名を変更することになります。家庭用ゲーム機からの撤退とアミューズメント事業の見直しを発表しました。要するに「ソシャゲに魂を売る」戦略です。

セガと言えばアーケードゲームなので、ゲーセン自体を縮小してしまうのは本末転倒です。私の生まれ故郷である熊本では、セガワールドは1店舗もない状態になってしまいました。

学生の頃は熊本駅や浜線バイパス沿いにセガワールドがあったのでよく足を運んだものですが、今では全てが無くなってしまいました。

もうバーチャファイターの続編も出ません。個人的に望んでいたスペースハリアーの続編も出ないでしょう。残念ながら、今のセガは熱い頃のセガではありません。会社は同じでも、まったく別物の会社に成り下がってしまったのです。

あの頃のセガをもう一度。レトロゲーム復活へ!

テレビゲームで遊ばなくなってから数年後、結婚を機にゲーム関係を全部捨ててしまいました。

結婚後、新居に引越しする際に、荷物を最低限度に減らさないといけなかったので、全然遊ばなくなったゲーム類を処分することにしたんです。

ゲーム熱が冷めまくっていたので、少しも躊躇することなく全部捨てることができました。しかし、今になって猛烈に後悔しています。

最近ユーチューブやニコニコ動画などで、懐かしい動画を目にすることが多くなりました。レトロゲームのプレイ動画を見るたびに、ちょっとずつですが、ゲーム熱が再燃してきたんです!

しかし、もう手元にはゲームがひとつも存在しません。どうしようかと困っていたときに、おもしろいものを発見しました。

それが「 MD COMPACT 」です。

アマゾンで定価3,996円(税込)と4,000円を切っています。かなりコンパクトになっているメガドラ本体ですが、ボディの「16-BIT」の文字は健在です。

安くて場所も取らないことですし、サンダーフォース3と一緒に購入しようとたくらんでいます。もちろん妻には内緒です(笑)。

学生時代に比べるとゲームを楽しむ時間も余裕も少ないですが、もう一度メガドラライフを復活させようと思っている今日このごろです。

-メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.