昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

RPG メガドライブ

聖魔伝説3×3EYES 原作を知っていないと楽しめないRPG

更新日:

メガCD版 聖魔伝説3×3EYES

1993年7月23日、セガから「聖魔伝説3×3EYES」がリリースされました。「3×3EYES」と書いて「サザンアイズ」と読みます。メガCDのロールプレイングゲームです。

大人気コミックのゲーム化で、私は原作が大好きで全巻持っていました。まさかメガCDで出るとは思っていなかったので、ゲーム化されると知ったときには嬉しかったですね。

しかし、リリースされた当時は原作がまだ完結していないことや惑星ウッドストックの悪夢があったので、正直不安の方が大きかったことを記憶しています。

メガCD版 聖魔伝説3×3EYES はキャラゲーならではのRPGで、遊ぶ人を選んでいるところが残念

ゲーム自体はオーソドックスなRPGです。ただ、原作を読んだことが無い人が遊ぶのにはちょっと辛い内容になっています。

原作を知らないと話についていけない部分が結構あるんですよね。

そういった意味ではプレイする人を選んでしまっているゲームだと言えます。キャラゲーではよくあるパターンなのでしょうがないですね。

ただのキャラゲーとは違って内容はしっかりしているので、その点では安心しました。

オープニングから気合の入った作りに大感激!!

オープニングのアニメがかなり凄くて、見ていて興奮しましたね。このオープニングを見た瞬間にウッドストックの不安が吹き飛びました(笑)。

ゲーム中に重要人物との会話になると、必ず声優さんの音声が入ります。ウッドストックの時は、この当たり前のことが出来ていなかったんですよね。

気合の入った作りはオープニングだけではありません。本編のRPGもムダに気合が入った作りになっています。

まずは戦闘のアニメーションですね。敵キャラと仲間のキャラがアニメーションしまくります!ファンタシースター2を超えていますね!

しかし、ロード時間があまりにも長すぎるので、初見の敵以外はアニメーションをカットして戦っていました(汗)。

ゲームボリュームもムダに多すぎですね。原作の1部と2部、そしてオリジナルストーリーと、気合が入ってしまっている分、RPGとはいえクリアに時間がかかりすぎます。

あまりにもボリュームがありすぎてクリアすることを諦めた人は多いと思います。私も何回も諦めてはプレイすることを繰り返し、結局購入してから5年の歳月をかけてようやくクリアしました(涙)。

聖魔伝説3×3EYES 動画紹介

ここでは聖魔伝説3×3EYESの動画をご紹介します。

もう少しゲームボリュームを適正に整えてくれたら遊びやすかったのに。原作の人気がすごかったので、気合が入るのは分かるのですが、気合を入れすぎて空回りしてしまった典型的なゲームになってしまいました。

ちなみに、コミックは全部で40巻で累計売り上げは3300万部を誇ります。メガCD版が発売されてから9年後の2002年に連載は終了していますが、その後、外伝的な続編(幻獣の森の遭難者)も作成されています。

幻獣の森の遭難者は2016年に完結していますが、個人的にはサザンアイズの熱がすっかり冷めていたため、全く読んでいません(汗)。当時はあれだけハマッて読んでいたんですけどね。

-RPG, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.